人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.21

強烈メニューが涙腺を溶かす!下丸子で遭遇したおでん居酒屋『D』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

強烈メニューが涙腺溶かす下丸子の名店認定酒場発見!
(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

強烈メニューが涙腺溶かす下丸子の名店認定酒場の評価

オヤジス度    ★★★
エルドラ度    ★★
オヤジナリティー ★★

 またも今注目の東急多摩川線沿線の酒場ネタ!

 だってしょうがないよ、イイ店見っけちゃったんだから。

 その日、その時。呑み&サウナ仲間のT氏と下丸子駅近くのサウナ無料銭湯『M湯』に行った帰り道。前にこの連載でも書いた、下丸子のおでん呑み屋『D(仮名)』にでも行こうと思っていたんだが、そういえばその『D』の話を前にT氏にしたことがあって、今度行きましょうよっていったんだけど、

「オレ、おでんってあんまり好きじゃないんだよね〜」

 って返事されたのを思い出した。そこでふと思い出したのが、『D』に行ったとき、そのすぐ近くで、見つけた、なんか「イイんじゃないか?」ってピンときた店『A(仮名)』!

 まぁこういう時は、ヘタなグルメサイト情報よりも、その時の自分の“感”というか、肝臓の“肝”を信じるのが一番なんで、特に悩むこともなくT氏と入店してみた……店内は狭い間口から予想するよりも、ずいぶん広かった。

 入るとまでは4人がけのテーブルが4ツ程。その奥は逆L字型に店が続いていて、店の奥は道路と平行する形で8人ほど座れるカウンターがあり、その奥が厨房。

 カウンターがある形状からして、もともとはパブとかスナックとかをやってた店舗を居抜きで譲り受けたのかもしれない。そして驚いたことに、店を切り盛りしてるのは、40才いくらいかないかの、ご主人ただ一人。

 一瞬、“肝”が狂ったか? と思うも、我々が座ったテーブルに運ばれてきたお通しを見て、やっぱり肝は正しかったことに気付いた。そのお通しってのが、仕切りがあって3つに分けられた長細い皿に、枝豆、もずく、刺身コンニャクが盛られた三点盛り!

 これは気が効いてますよ!! だいたいイイ店ってのはお通しが、うまいとかマズイとかそういう次元を超えて、気が効いてんだよ。まぁ普段はお通しもないような店に行くことが多いけどさ。

 続いてメニューを見てオレとT氏は思わずニンマリした。チューハイがとかハイボール系は、生絞りアイテム以外、全て290円! いわば立ち呑み屋価格ですよ。その価格をお通しを出す店で提供しちゃう……おありがとうごぜぇます。しかし一杯目、我々はそんな290円ドリンクを頼まなかった、なぜか!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。