人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.18

年配の世代と比べて結婚式の「結納」をしない若者世代

 もうすぐ、ジューンブライドの季節。今どきの結婚のスタイルは多様化が進んでいるが、そもそも「結納」という習慣はどれほど浸透し続けているのだろうか。楽天リサーチと「楽天ウェディング」を運営する楽天が昨年、結婚式に関する調査を楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1000人を対象に行なったところ、8割が「挙式」を実施しており、若い世代は年配の世代に比べて「結納」を行なわないという結果になった。

結婚式に関する調査

 結婚をしたことがある(離婚・死別も含む)人に対して、挙式やハネムーンなど結婚関連の項目で実施したことがあるものを聞いたところ、全体では「挙式(80.7%)」、「披露宴(72.9%)」、「両家の顔合わせ(食事会)(71.0%)」という回答となった。年代別に見たところでは、「結納」という項目において、20代〜40代の平均値(28.7%)と50代〜60代の平均値(70.8%)で42.1ポイントも差が出る結果となり、年代における「結納」の実施有無が異なっていることが見てとれる。

結婚式に関する調査

 

■挙式は「季節的に天候が良い時期だから」という理由で「春」「秋」に行われる傾向

 挙式を行った人に、時期(2回以上経験のある人は、直近の挙式)について聞いたところ、「秋(9・10・11月)(34.0%)」が最も多く、続いて「春(3・4・5月)(31.5%)」という回答となった。ジューンブライドの6月を含む「夏(6・7・8月)」は、17.3%だった。

結婚式に関する調査

また、この季節を選んだ理由を聞いたところ、全体では「季節的に天候が良い時期だから(32.8%)」が最も多く、3人に1人の割合で、季節を気にして実施時期を選んでいることが分かった。続いて、季節的な理由とは関係なく、「家族や親類、招待客の都合に合わせたから(21.3%)」、「二人の記念日にしたかったから(出会った日や初デートの日など)(10.5%)」という順になった。

結婚式に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。