人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ゆとり世代に聞く同世代の特徴は、打たれ弱い、プライベート優先、○○○

2017.05.18

■「ゆとり教育」は結果、良いも悪いも差はなし!

 最後に「『ゆとり教育』を受けた世代で良かったと思いますか?」という質問をした。結果「とても良かった」と回答した人が9.0%、「どちらかというと良かった」が18.5%、「どちらかというと良くなかった」が16.6%、「全く良くなかった」が12.0%、「どちらでもない」が43.9%だった。「とても良かった」もしくは「どちらかというと良かった」という人は27.5%、「どちらかと いうと良くなかった」もしくは「全く良くなかった」という人は28.6%。「ゆとり教育」を受けて「良かった」と感じている人と「良くなかった」と感じている人の割合に大きな差はなかった。

『ゆとり世代』に関するアンケート調査

 年齢別に見ると、「良かった」という20歳〜25歳は33.6%、26歳〜28歳は22.8%。「良くなかった」という20歳〜25歳は28.6%、26歳〜28歳は31.8%だった。「ゆとり教育」を受けた期間が長いほど、「良かった」と感じている人も多いことが分かった。

「良かった」と感じる理由を聞いたところ、最も多く挙がったのが「休みが多かったから」だった。具体的には「土曜日が休みで、家族との時間が増えたから」(27歳/女性)や「自分の時間を確保できたから」(23歳/女性)などが挙がった。次いで「学力以外にも力がついた」が多く、例えば「創造性が育まれたと思う」(21歳/女性)や「友人との時間が増え、コミュニケーション力を養うことができた」(27歳/男性)などの声が聞かれた。他には「世間に色々言われているが、特に困っていることはないから」(28歳/女性)や「義務教育は社会に出てからさほど使わないので、結果的に楽できて良かった」(27歳/女性)などが挙がった。

 逆に「良くなかった」と感じている人からは、「もっと勉強したかった」という理由が最も多く挙がった。具体的には「教養が足りていないと感じるし、満足感も得られなかった」(22歳/男性)や「『ゆとり』と言われるくらいならしっかり勉強したかった」(28歳/女性)などが挙がった。次いで「言われ続けるから」という声が多く、例えば「何かにつけて『ゆとり』を言い訳にされるから」(26歳/女性)や「教育内容の質は個人の努力で挽回できるが、『ゆとり』というレッテルは簡単には剥がせないから」(28歳/女性)などが聞かれた。

 他には「国の失敗を押しつけられている気がするため」(27歳/女性)や「余った時間に何をしたかが大事になり、優秀な人とそうでない人の格差が広がった」(25歳/男性)、「自分だけの時間が多くなり、社会でのストレス耐性が身につかなかったから」(28歳/女性)などが挙がった。また、「ゆとりまでの移行期間で、中途半端だったから」(28歳/女性)、「ゆとり開始の年だったので、目的やコンセプトがブレブレで教育現場が混乱していたから」(28歳/女性)などの声も聞かれた。26歳〜28歳は「ゆとり教育移行期間」にあたるため、子どもながらに変化する現場に翻弄された人もいたようだ。

「ゆとり世代」は自分たちが「ゆとり」であることを受け入れつつも、世間や他の世代が貼るレッテルに苦しんでいるようだ。

【調査概要】
有効回答:首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住で20歳〜28歳の男女688名(学生は除く)
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査期間:2016年4月12日(火)〜4月19日(火)

文/編集部

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。