人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.18

男性が仕事で「やる気モード」になる瞬間TOP5

働く男子には、営業の第一線で活躍したり、重要なポジションを任されていたりしている人も多い。始業前や大事な局面などで、時には自分を奮い立たせて、普段の状態から「やる気モード」に切り替える時もあることだろう。保険ショップ『保険クリニック』は、仕事のやる気モードについて、20代から40代の働く男性500人を対象にアンケート調査を実施。以前に実施した女性に対する同様のアンケート調査の結果とともに、結果をまとめた。

仕事のやる気モードに関する調査

Q.商談やプレゼン、締切前など、あなたが仕事でやる気モードになる時はある?

20歳~49歳までの男女1000人にアンケートしたところ、女子の50.2%(251人)、男子の56%(280人)が「ある」と回答。やる気モードになることがない人は、男女とも約20%程であった。

仕事のやる気モードに関する調査

Q.仕事でやる気モードがオンになるのはどんな時?(いくつでも) また、その具体的なエピソードは?

仕事でやる気モードがオンになるシチュエーションを聞いたところ、男子は1位「失敗が許されない仕事に取りかかる時」(女子の3位)、2位「締切がタイトな仕事を引き受けた時」(女子の1位)だということが分かった。その他、大事な取引先へのプレゼンや自社内の大事な会議での発表など、男子は仕事の質に応じてスイッチが入る傾向があることが窺える。

仕事のやる気モードに関する調査

男子が仕事でやる気モードがオンになる時とは、大きく次の4つに分けられる。
1.「忙しい時」「締切の前」
 ・作業量が多く短納期のプロジェクトを任された時
 ・締め切り間近での大幅変更になった時
2.プレゼンや商談、 コンペの前など
 ・商談を絶対に成功させないといけない時
 ・社内の他部門や、上司などに提案、立案する時
3.責任のある仕事に関わっている時や、期待されていると感じる時
 ・大きなプロジェクトの仕事を任された時
 ・自分の力が試されるような仕事の時
4.失敗が許されない仕事を任される時
 ・業務として投資を行う時
 ・自社のミスにより取引先の業務が停止してしまうおそれがある時

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ