人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「梅干し離れ」なんて言っているのは誰だ!一生吸っていたい「シン・梅干し」

2017.05.17

続いて、「燻し梅ピューレ」をいただく。単品ではいただけないので、クリームチーズと共に食した。コチラの商品は、紀州南高梅の梅干しをピューレ状にして、水あめや砂糖、みりん等で調味したのちに、16時間かけて桜チップで燻した一品。クリントン元大統領やジョエル・ロブション氏も絶賛するシェフ輿水治比古氏の協力を得て開発したもの。

「梅干し離れ」なんてどこ吹く風!一生チューチュー吸っていたい「シン・梅干し」

個人的には、これが一番グッときた。シェフが「新しい味を開発した」と言うだけあり、解説が非常に難しい味。甘くもあり、酸っぱくもあり、そして少し香ばしい。クリームチーズとの相性も抜群。サラダのドレッシングにもいけるし、トーストに塗ってもいいそうだ。

一生、チューチュー吸ってられるほどに気にいる。コレ一つあれば、家庭料理も高級料亭の味に一変。それほどの強度を持った「燻し梅ピューレ」(250g/2500円)

確かに値段は張るが、賞味期限は180日。日々のプチ贅沢にも良いし、それこそ贈答品にピッタリなんだ。

シン・梅干し3品を堪能し銀座を後にした。中央通りを歩きながら、目をつぶって絶品の梅干しの味を思い出しニヤニヤ。そして、シェフ輿水治比古氏が着用していた「革ベストって高そうだったな」と回想した。

「梅干し離れ」なんてどこ吹く風!一生チューチュー吸っていたい「シン・梅干し」

「梅チーズトリュフ仕立て(備長)」「梅チーズトリュフ仕立て」「燻し梅ピューレ」僕ならどう宣伝するか?

ホームパーティをしがちなセレブに贈答する。パーティーに集まったセレブの友達に楽しんでもらう。そのなかの一人でもInstagramに掲載してくれたら御の字。上流階級でブームとなれば、必然的に一般人も手を出し始める。こんな作戦はいかがだろうか!?

文/ヨシムラヒロム

1986年東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。
イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使、五反田コワーキングスペースPaoで週一度開かれるイベント「微学校」の校長など幅広く活動。
2016年3月に単著デビュー作「美大生図鑑」を上辞。購入したい方はコチラから

美大生図鑑

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。