人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.17

ソニーのワイヤレススピーカー「EXTRA BASS」4モデルの中でベストバランスのモデルはどれ?

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■Introduction

ソニーは5月13日にスマホとワイヤレス接続して重低音で音楽を楽しめるEXTRA BASSシリーズのBluetooth対応ワイヤレスアクティブスピーカー4種類を発売する。カラバリには若者に人気のグリーンを追加、全モデルIPX5防水仕様+長時間バッテリーを搭載して、インドアだでけなく、アウトドアでも音楽を楽しめる。『XB10』以外はLDAC対応で、操作はスマホの専用アプリ「Music Center」でおこなえる。また低音を増強するEXTRA BASSボタン搭載。圧縮音源の高域をクリアにするDSEEも搭載された。アンプはデジタルアンプS-Masterを採用している。

『XB10』はφ46mmのドライバーとパッシブラジエータを搭載したモノラルモデル。2台を使ってステレオ再生もできる。ソニーストア価格8880円。『XB20』はφ42mmフルレンジスピーカーを2基搭載、さらに2基のパッシブラジエータが低音を増強する。ソニーストア価格1万2880円。『XB30』はφ48mmフルレンジスピーカーとパッシブラジエータをそれぞれ2基搭載する。ソニーストア価格1万8380円。『XB40』はφ61mmフルレンジスピーカーとパッシブラジエータをそれぞれ2基搭載する。ソニーストア価格2万3380円。出力は『XB20』が12.5W×2、『XB30』は20W×2、『XB40』が32W×2となる。

■Design

XB10を除いて、スピーカーに内蔵されたLEDライトを音楽に合わせて点灯または点滅できる。さらにワイヤレスパーティーチェーンを使えば、最大10台を同じ曲に連動させて光らせることが可能。また2台のスピーカーを使って、それぞれにLとRの信号を割り振って2台1ペアでステレオ再生するステレオモードにも対応する。一番派手なのは『XB40』でマルチカラーのラインライト、ストロボフラッシュ、振動板の裏側に仕込んだスピーカーライトを搭載。専用アプリで光り方を調整できる。


屋内の照明がある部屋でもスピーカーに搭載されたLEDが確認できるほど明るい。


『XB10』は6色のカラーバリエーションがある。浴室などに適したパーソナルサイズだ。


リングをスタンドに使うと、若干角度を付けて『XB10』を横置きにできる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。