人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.17

お得度で選ぶならどれ?Apple PayとAndroid Payに登録したいクレカ

トリセツ4

新しい決済方法として注目のApple PayとAndroid Pay。登録するなら便利なだけでなく、使うことで得できるクレジットカードがおすすめだ。そこで専門家の岩田昭男さんにiD、QUICPay、Suicaチャージ、楽天Edyの支払いで、より得できるカードについて聞いた。

◎クレジットカード選びの新たな選択肢が誕生

 現金がなくても電車に乗ったり、買い物ができるApple Pay。一度使い始めると、その便利さから、使用頻度が高くなることは間違いない。手持ちのクレカを登録するのもいいが、この機会にApple Pay用のクレカを考えてみてはどうだろう。Apple Payに登録できるカードは8枚。その1枚はSuicaだとして、残りはどうすればいい?

「Apple Payには国内の80%を超えるカード会社が参加しているので、クレカの選択肢はたくさんあります。より使いこなすには、自分がよく利用するお店でお得なクレカや、相性のいい電子マネーを選ぶことが大切。Apple Payで利用できるiDやQUICPayは後払いなので、クレカを利用した時に貯まるポイント還元率が高いクレカがおすすめです。新たに入会するのなら、各カード会社が行なっているキャンペーンも視野に入れて選ぶといいでしょう」とカード評論家の岩田昭男さん。

 ここで気をつけたいのがポイントのこと。貯まるのは決済によって得られるポイントのみ。店舗で提示することで貯まるポイントは、Apple Payで支払う前にポイントカードを提示して、別で貯めておく必要がある。

「アメリカでは2014年にApple Payをスタートし、昨年からポイント機能が搭載されました。今は大手ドラッグストアやドーナツ店などのポイントカードが登録できます。日本でも同様に、Apple Payでポイントサービスが利用できる可能性は十分あります。今はApple Payが使えるようになっただけ。今後、ほかのアプリなどと連携して、より便利なサービスになることを期待しています」

カード評論家 岩田昭男さん
カード評論家 岩田昭男さん

クレジットカード業界におけるオピニオンリーダー。3月発行の『最強のクレジットカードガイド2017』を監修する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ