人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.17

プロギアが高初速性能と広い高初速エリアを追求した新型ドライバー2タイプを発売

プロギアは高初速性能と広い高初速エリアを徹底的に追求したPRGR(プロギア)「RS 2017」シリーズとして、ドローが打ちやすい『RS 2017』とフェードが打ちやすい『RS-F2017』を6月9日から発売する。価格は各オリジナルシャフトモデルが1本8万円(税別)。

ラインアップは『RS 2017』がロフト角「9.5°」「10.5°」「11.5°」の3種類、オリジナルシャフトをヘッドスピード別に「M-46」「M-43」「M-40」「M-37」「M-34」「M-30」を用意。
『RS-F 2017』はロフト角「9.5°」「10.5°」の2種類、オリジナルシャフトをヘッドスピード別に「M-46」「M-43」「M-40」「M-37」を用意した。なお、カスタムシャフト装着モデルもラインアップする。

 
『RS 2017』

 
『RS-F2017』

『RS 2017』シリーズはヘッドにプロギア独自の「Wクラウン構造」を採用。一般的なドライバーの高打ち出し・低スピン設計やフェースの反発を高めるヘッド設計と異なり、インパクト時にWクラウンの一部がフェースの一部のように効率的にたわむことで高い初速性能と広い高初速エリアを確保した。設計段階ではフェース全面のCTを測定し、インパクトエリア内のCTをSLEルール適合内ギリギリに設計、追求している。また、フェースセンターの肉厚も従来品より薄肉化しセンター付近のCTをルールギリギリまで高めている。この結果、フェースセンターでの反発性能が向上し、従来品を上回る高い初速性能と広い高初速エリアを実現した。このほか、プロギアでは独自の特許技術「F周波数測定器」による他にはない量産でのCT全数検査を実施することで、〝ルールギリギリな〟高精度ドライバーに仕上げられている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ