人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.17

『iPhone SE』はUQ mobileとY!mobileでどれだけ売れるのか?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議 『iPhone SE』はUQ mobileとY!mobileでどれだけ売れるのか?

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は、格安スマホの満足度調査レポートを基に、正しい選び方について話し合います。

■UQ mobileとワイモバイルがiPhone SEの取り扱いを開始

房野氏:以前、UQ mobileとY!mobileがiPhone SEを扱うことで、MVNOにとってさらに大きな脅威になるという話がありました。これについて解説をお願いします。


房野氏

石川氏:以前、ワイモバイルの寺尾さん(ソフトバンク プロダクト&マーケティング統括 Y!mobile事業推進本部 本部長 寺尾洋幸氏)に、iPhone 5sをどうするのか聞くと「考えてるよ」という応えだったんですが、MNOが扱っているiPhone SEを同じく扱うことに驚きました。今までは型落ち端末だから許されたけれど、MNOと同じ端末を扱うということは、MNOかMVNOかということについて言い訳を考えることなく、Appleと自分たちのために、なりふり構わずがんばるという姿勢が出ている気がします。


石川氏

石野氏:iPhone SEはもう1年間経ったので。

法林氏:1年間先にMNOが売ったから、もういいですよねっていう感じ。

石野氏:ここから本番なんじゃないかな。

法林氏:この2ブランド以外が扱うかどうかに注目。Appleはうんといわないと思うけど。

石川氏:ワイモバイルとUQ mobileが一生懸命売っている間はないかなあ。

石野氏:高いiPhoneは大手キャリアで、安いSEはワイモバイルとUQ mobileでと、Apple的にもきれいに分かれた。iPhone SEは大手キャリアも扱っていますけれど、圧倒的に売れるのはUQ mobileとワイモバイルでしょうし、うまく住み分けできた。いわゆる廉価版iPhoneは「iPhone 5c」の不成功もあって、あまりうまく売れなかった。どうやって売ろうかと考えている中で、UQ mobileとワイモバイルが出てきて、そこにうまくハマった。

石川氏:最新モデルが出てお店に行くけれど、結局型落ちを選ぶという買い方が海外は昔から多くて、日本もやっと海外っぽくなってきた。Appleは「iPhone 7 (PRODUCT)RED」を推しているけれど、ユーザーはもっと手頃に手に入るiPhone SEを選ぶ格好になってくる。これはiPadにもいえて、「iPad Pro」のCMでは、Wordが使えてウイルスの害がなくて、ということをアピールしていたけれど、実際は3万円台のiPadが売れる。ハイエンドと普及モデルの位置付けがうまい感じになってきた。

石野氏:Apple的には、数を取りにきた春商戦という感じじゃないでしょうか。

房野氏:iPhone SEがMVNOではUQ mobileとワイモバイルだけでしか買えないということについて、総務省が何かいうことはないでしょうか。

法林氏:それはないと思う。最初のiPhoneだってソフトバンクしか扱わなかった。

石川氏:SIMフリーのiPhoneもありますから。

石野氏:メーカーとキャリアの契約について、総務省は口出しできないと思う。

法林氏:どこと付き合うかは自由。フラットなマーケットにしろといっているわけではないので、ツッコミどころがない。

 Y!mobileはもともとソフトバンクが持っていたiPhone 5sを引き受けているけれど、ソフトバンクは最初にAppleと条件を決めていて一番厳しいはず。その厳しい条件が今でも後を引いていて、iPhone 5sが残っている感じがする。逆にUQ mobileはうまく準備して、きれいに入れ替える形になっている。

石野氏:なぜ128GBモデルを追加したんでしょうね。

石川氏:あれは分からないけれど、UQ mobileとしては、VoLTE対応していないiPhone 5sをあまりやりたくなかったんだよね。どうしたものかなぁと悩んでいる感じが伝わってきた。

法林氏:手探りっぽかったよね。

石川氏:ワイモバイルでiPhone 5sが売れているから、やらざるをえなかったけれど、正直、ちょっとなぁみたいな感じだった。iPhone SEはVoLTEに対応しているので、だったらCMも作って売るぜという意気込みを感じる。でも128GBモデルは意外。Appleに押し切られたかな。

石野氏:2週間くらいずっと押し止めていたんですか(笑)

石川氏:うーん。最初はUQ mobile賢いなと思った。売り切りモデルとして、安くiPhone SEを売るために32GBモデルしか扱わないのは、すごい大人だなと思っていたんだけど128GBモデルも扱い始めた。

石野氏:思ったよりiPhone 5sが早くなくなって、32GBモデルが間に合わないとか、そういうことかな。後から追加されたのが謎ですよね。逆に、32GBモデルだけ売ることが許されるんだという方にびっくりしました。たぶん前代未聞ですよ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ