人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

買い替えたほうがお得?「省エネ大賞」受賞家電の節電性能をチェック

2017.05.13

【 ドラム式洗濯乾燥機 】

最新モデルは乾燥時間短縮などで消費電力量を大幅カット。使用水量を抑える節水効果の高いモデルで洗濯時のコストも削減!ヒートポンプ式の節水・省エネ性能と、ヒーター式のムラのない乾燥性能。それぞれの良さを掛け合わせた、業界初のハイブリッド式ドラムが誕生した。

「特徴はヒートポンプのそばに搭載したサポートヒーター。庫内を効率よく温め、ヒートポンプ式の弱点である乾燥後の衣類の冷たさを解消できます。乾燥の始めと終了前のみ、サポートヒーターを動かすことで洗濯から乾燥までの1回のコストはヒーター式の約半分と、ヒートポンプ式の省エネ性は失われていません。サポートヒーターは洗濯時にも活躍します。衣類を約40℃の温風で温めてドロ汚れなどガンコな汚れを浮かし、マイクロ高圧洗浄の効果を高めます。省エネでありながら、ドラム式の苦手なドロ汚れを落とす。洗濯の満足度も非常に高い一台です」(シャープ
健康・環境システム事業本部 メジャーアプライアンス事業部 国内商品企画部・北川秀雄さん)

〈省エネ大賞 資源エネルギー庁長官賞 受賞〉
省電力でふんわり仕上げ。業界初のハイブリッド乾燥!


シャープ『ES-Z210』
オープン価格(実勢価格約20万円)

ヒートポンプ式ドラムに、程よい温かさで衣類を乾燥させる「サポートヒーター」をプラスした業界初のハイブリッド方式。節水・省エネ業界最高水準と仕上がりのよさを両立した。洗濯10kg/乾燥6kg。

 
水道水を高圧給水ノズルに通して毎秒100万個以上の微細な水滴にする「マイクロ高圧洗浄」で、節水してドロ汚れをはじき飛ばす。


ヒートポンプ式ドラムの湿っぽい仕上がりを解決するサポートヒーターは、乾燥の始めと終了前だけ動くことで運転コストを低減。


ハイブリッド式にすることでヒーター式ドラムよりも運転コストを半分に抑えつつも、衣類を温かくフワッと仕上げるという、いいとこ取りのモデルとなった。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。