人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

買い替えたほうがお得?「省エネ大賞」受賞家電の節電性能をチェック

2017.05.13

【 冷蔵庫 】

24時間働き続ける冷蔵庫こそ、節電性能は入念にチェックしたい。500L以上の大容量モデルは、消費電力量が以前に比べ少なくなり、節電効果も高い。日立はついに730Lで消費電力量220kWh/年の省エネを実現。年間の電気代は6000円程度で済む計算になる。

「冷蔵庫の結露を抑えるために、常に庫内や周囲の温度・湿度をセンサーで検知しています。新開発のマルチバルブは5方弁にすることで冷媒の経路や方向を細かく制御でき、省エネ性を高めました。エアコンなどで4方弁は活用していましたが、弁が1本増えると切り替え部分が新設計となり、2年近く研究開発に要しました」(日立アプライアンス
商品戦略本部 冷蔵庫・調理商品企画部・南雲博文さん)

 大容量で省エネでも、食材の鮮度が保てなくては意味がない。

「大容量化により、チルドルームを真空状態にする『真空チルド』も広いスペースが取れ、食品の鮮度が保ちやすくなりました。省エネで大容量、かつ食品の廃棄も抑える自慢の冷蔵庫です」

〈省エネ大賞 省エネルギーセンター会長賞 受賞〉
業界最大の容量730L! でもしっかり省エネ


日立『真空チルドプレミアムXシリーズ R-X7300F』
オープン価格(実勢価格約32万円)

新開発のマルチバルブにより冷媒の流れを細かく制御することで無駄のない冷却運転を可能に。業界最大容量の730Lでも年間消費電力量220kWhという省エネを実現している。

 


5方弁のマルチバルブを新開発。冷蔵庫周囲の温度・湿度から細かに冷気の流れを切り替えて、効率よく冷却できる。


冷却器に付着した霜の冷気で野菜室・冷蔵室を冷やす「フロストリサイクル冷却」。この間はコンプレッサーが一時停止。また、霜を消費するのでヒーターによる霜取りも軽減でき、省エネに。


600~620Lクラスでの年間消費電力量は2007年と比べて約63%も削減。庫内容量は増えて、消費電力量は減っていることがわかる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。