人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.13

世界的なBBQメーカーのWeberが日本向けに開発した本格的なBBQグリル『キャンプQ』

世界No.1のシェアを誇るBBQメーカーWeberからBBQグリル、「キャンプQ」(正式名称『Q1250』)が待望の日本上陸を果たす。アメリカのBBQマスターが日本市場向けに開発した「キャンプQ」はポータブルかつパワフル。BBQでは想像もできなかった料理が簡単に作ることできる。発売は5月9日。価格は4万9990円(税込)。

キャンプQ

まずフタをすることによって仕上がりが美味しくなる。その原理としては、フタをすることで熱が均等に回り、その結果温度調節がなされ美味しく焼けるのだ。また熱を逃がさず、全方向から食材を加熱できることもポイント。調理法は ステーキや魚を直火で焼くダイレクト調理法、調理に時間を要するピザや丸鶏やケーキを調理する間接的調理方法に対応する。そして4.75kgという焼き網の重量によりプロフェッショナルな焼き色と焼き目が付けられる。

キャンプQ

火力に関しては、プロパンの比率が競合他社商品と比べて約5倍という、ポータブルでパワフルなカートリッジガス缶を採用。しかも均等な火力を4時間キープできる。

デザインに関しては、カラーは日本の国旗の赤をイメージして採用。また本体外側は鋳鉄アルミニウム製で軽く、高い耐久性を備えている。そしてグリルのカーブした形状により、食材から出た油や焼きカスが底にあるドリップパン(アルミ製受け皿)へ流れ込むため、メンテナンスも簡単だ。

本体サイズはテーブル折り畳み時:高さ394×幅690×奥行き419mm、テーブル広げ時:高さ394×幅1039×奥行き419mm。本体5.4kg。焼き網4.75kg。

キャンプQ

関連情報

https://www.weber.com/JP/ja

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ