人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.13

ワインアドバイザーに聞くシャンパンに合う和食の選び方

夏のシャンパンのすすめ。ワインアドバイザーに聞く!シャンパンに意外と合う料理って?

シャンパンといえば、クリスマスや年末、結婚披露宴などおめでたいシーンによく登場するもの。特に冬は、シャンパンシーズンと思われているが、実際のところ、シャンパンに季節はあるのだろうか? そして、知っているつもりのシャンパンでも、意外と知らないこともある。そこで、ワインアドバイザーに、今トレンドのシャンパンの飲み方や、意外と知られていない飲み方を聞いてみた。

■シャンパンの定義って?

シャンパンは、正式には「シャンパーニュ」といい、その名の通り、フランスのシャンパーニュ地方で造られた発泡性ワインのことを指す。その発酵方式は「瓶内二次発酵方式」と呼ばれるものだ。一般的に、スパークリングワインと呼ばれるものは、炭酸ガスを人工的に入れたものだが、これと比べてこの「瓶内二次発酵方式」は、かなり手が込んでいる。ワインをガラス瓶に入れ、糖と酵母で二次発酵させることで炭酸ガスが生まれるのだ。

■クリスマスや年末だけじゃない!夏に合うシャンパンとは?

夏のシャンパンのすすめ。ワインアドバイザーに聞く!シャンパンに意外と合う料理って?

普段、パーティーや宴会などでなにげなく飲んでいるシャンパンだが、そもそも季節というものがあるのだろうか? 一般社団法人日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザーである、株式会社徳岡の田近清寛さんに聞いてみた。

「シャンパンというと、クリスマス・年末と、気分を盛り上げる泡のお酒の出番が多くなる冬のシーズンをイメージしがちですが、一年を通して楽しめるお酒です。桜の季節の春には『ロゼ・シャンパーニュ』、暖かな日差しが降り注ぐこれからの季節には、果実味が豊かなタイプ、暑い夏には爽やかな酸味の『ブラン・ド・ブラン』など、それぞれの季節に合った1本を探してみてください」

●「ブラン・ド・ブラン」とは

白ブドウだけで造ったワインのこと。シャンパンに使うぶどう品種には、ピノ・ノワール(黒)、ピノ・ムニエ(黒)、シャルドネ(白)の3種類がある。ブランド・ド・ブランはシャルドネ100%で造られたシャンパン。爽やかな酸味が特徴で、夏向きの味わい。ぜひ、これらの春夏に合うシャンパンを選んで、存分に楽しんでみたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ