人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.15

iTunesにしがみついてきた40代男性におすすめしたい「Apple Music」

iTunesにしがみついてきた40過ぎの男が「Apple Music」を聴いてみた

■正直言って、iTunesで十分だ

 iPhone 3GSから8年弱、ず〜っと歴代最新iPhoneを使い続けてきた。その前はiPodを使っていたから、トータル15年はiTunesのお世話になっている。

 40歳を越えた今、最新の音楽チャートを追いかけることもほとんどない。パッケージ世代だから、楽曲を有料購入するのは当然と思っていて、欲しい曲はiTunesでダウンロードして聴く、それが常だ。

 もちろん、YouTubeなども使うけど、オフィシャルじゃない楽曲を聴いて違法行為はしたくない。とはいえSpotifyとかのストリーミング定額配信もちょっと……。なんで、最近は少々、音楽と距離があった。

 ……これは、筆者のリアルだが、同世代の読者の方なら共感していただけるのではないだろうか? そう40過ぎの男には、iTunes Storeでダウンロードしたストックの楽曲で十分なのだ(って思う人が多い!?)。

■渋々Apple Musicを使ってみる

 2015年7月に、日本でApple Musicが始まっていたのは、もちろん知っている。iOSやMac OSが新しくなることで、自分のiPhone、Macには当然、最新のApple Musicが入っているからだ。でも、「今さら、毎月980円払うのもなぁ〜」と、一度もアプリでApple Musicのパートを開いたことがなかった。むしろ避けていた。

 しかし、知人から「Apple Music使ってみません?」と言われて、改めてApple Musicを触ってみようと思う。でも、まだ乗り気ではない(笑)。面白くなければやめちゃおう。だって、今なら3か月間はお試しで無料だから。

■おおっ、案外いいぞ

 さて、今さらですが、Apple Musicのレビューをしてみます。ってことで、登録開始。

 ホーム画面にある「ミュージック」アプリを開き、画面下部にあるバーからFor Youを選ぶ。するとApple Musicのコースを選ぶように聞いてくるので、好きなコースを選ぶ。

iTunesにしがみついてきた40過ぎの男が「Apple Music」を聴いてみた

 Apple IDの認証を受ければ登録は以上でおしまい。で、For Youが自分の好きな音楽のジャンルやアーティストを聞いてくるから、それにサクサクと回答していく。すると曜日別のプレイリストが登場する。プリンスさまが影響を受けたサウンドがレコメンドされるとは、いきなり、ディープな提案だ。

iTunesにしがみついてきた40過ぎの男が「Apple Music」を聴いてみた

 当たり前だけど、ジミヘンやジェームス・ブラウン、ツェッペリンなんかを聴いてたんだなぁって故人を偲ぶ。スライ&ザ・ファミリー・ストーンも懐かしいなぁ……って、なんだなんだ、プレイリストを聴き続けているじゃないか。iTunes Storeなら50秒程度で試聴が終わっちゃうけど、定額ストリーミングだから、聴き放題。なんで、時間が足りなくなるので、プリンスさまにはバイバイ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。