人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.14

海外出張の多いビジネスパーソンに聞く「ホスピタリティの高い国」TOP5

海外出張につきまとうイメージといえば、これまでは「長時間のフライト」「ホテルでの孤独」「時差ボケ」「立て続けに開催されるミーティング」といったものだった。しかし、現在は何か変化が起きているのであろうか?

出張で日本にやって来たビジネスパーソンが見た日本はホスピタリティの高い国

世界最大のオンライン宿泊予約サイト「Booking.com」はこのほど、海外出張の実情を調査した。2016年1月29日〜2月11日に行なったこの委託調査は、過去1年間で4回以上、ビジネス目的で国外に旅行した18~65歳の男女4555人(出身国はアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、日本、中国、イタリア)を対象に実施。それによると、計画・実施にはストレスが伴うにもかかわらず、海外出張を「仕事上の最大の役得のひとつ」と感じていることがわかった。ビジネス旅行者の半数は海外旅行の楽しみとして、「新たな文化を体験すること」(50%)や「初めての都市を訪れること」(46%)を挙げている。経験豊富なビジネスパーソンにとって、海外出張は単なるビジネスにとどまらず、顧客や同僚と直接顔を合わせるミーティング以上に、新たな文化を体験することからも刺激を受けていることが示された。

■ホスピタリティの高い国は?

今回の調査では、海外出張時の最大の楽しみは「新たな文化体験」という結果が出ている。この他、旅行者を最も手厚く歓迎する「ホスピタリティの最も高い国」ではタイが1 位(29%)。日本や台湾も「ホスピタリティの高い国」として挙げられている。タイは「食べ物のおいしい国トップ5」にもランクインしている。

また、海外出張の楽しみとして「初めての料理を堪能すること」を挙げた人も、回答者の3分の1近く(30%)にのぼっている。「食べ物が最もおいしい国」とされているのがイタリア(36%)で、フランス(35%)が僅差でそれに続いている。

出張で日本にやって来たビジネスパーソンが見た日本はホスピタリティの高い国

ビジネス旅行者にとって「最も旅行しやすい国」に選ばれたのはドイツ(28%)。わずかの差でシンガポール(27%)が2位となったが、シンガポールは他にも「空港から街へのアクセスが最も便利」(32%)、「空港の食事が最もおいしい」(30%)で高評価を得た。

■休暇のチャンス

今回の調査では、ビジネス旅行者の5分の1(20%)が、「機会があれば海外出張と休暇をつなげている」ことがわかった。海外出張を「ひとりで過ごすための良い機会」だと捉えている人も同程度の割合(18%)にのぼっている。特に日本のビジネス旅行者は、ひとりの時間を高く評価する割合が高くなっている(25%)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。