人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

本当に買っていいの?間違いだらけの白物家電選び

2017.05.14

【冷蔵庫】

◎ウチは大家族じゃないし、小型冷蔵庫のほうが省エネでしょ!

 冷蔵庫は容積が大きいモデルほど、年間消費電力量が抑えられる。大は小を兼ねるではないが、これが最新の冷蔵庫の省エネ性能の特徴だ。というのも、各社とも500〜600Lクラスの大容量モデルに、インバーター制御や真空断熱材やセンサーなど、省エネ技術を採用しているから。庫内が大きければ、載せられるパーツも増えるので、最新技術が結集できるというわけなのだ。冷蔵庫を選ぶ際は、価格だけでなく、省エネ性能もチェックしよう。

●500L以上の大容量クラスは、インバーターや断熱材の性能が高く、
 小型モデルよりも省エネなんです!

パナソニック『NR-F681WPV』

■「エコナビ」搭載のラグジュアリーモデル
パナソニック『NR-F681WPV』オープン価格(実勢価格約40万円)

使用状況に合わせて運転を制御する「エコナビ」のほか、高効率インバーターコンプレッサー、高性能真空断熱材など省エネ技術を結集させた。大容量の665Lで年間消費電力量は360kWh/年。

冷蔵庫のサイズ表
一般的に冷蔵庫は容積が大きくなると年間消費電力量も増えるが、最新モデルは技術向上により容積が大きくても省エネになる。

〈知られざるスグレモノ家電実験室〉全自動もいいけれど手間がかかるのもイイ!

コーヒーメーカーが人気だが、ひそかにファンを増やしているのが、ツインバード『サイフォン式コーヒーメーカー』。抽出までの手間がかかるが、便利さを求める現代人に「のんびりいこうぜ」とひと息つかせてくれる。そんなやさしいマシンなのだ。

ツインバード『サイフォン式コーヒーメーカーCM-D854BR』01 ツインバード『サイフォン式コーヒーメーカーCM-D854BR』02

ツインバード『サイフォン式コーヒーメーカーCM-D854BR』2万円

電気ヒーターを採用したサイホン式コーヒーメーカーはこのモデルだけ。ガラスはハリオ製。最大容量は480ml(4カップ分)。計量スプーンのほか、竹ベラやガイドシートが付属する。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。