人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.12

仕事帰りに行けるプチ秘境パプアニューギニア2泊4日の旅

パプアニューギニア

 飛行機の窓から見下ろすと、陸地が青々と茂ったヤシの木で埋め尽くされていた。ダイナミックな密林の風景に圧倒されながら、ああ見知らぬ世界へ来たのだなあと静かに感慨に浸る。

 パプアニューギニアの旅である。首都ポートモレスビーで国内線に乗り換え、ニューブリテン島のキンベという街へやってきた。日本を出発したのは昨晩のこと。機内で夜を明かしたら、そこはもう憧れの秘境国家なのであった。

◎あの秘境国家へも2泊4日の短期で

 パプアニューギニアといえば、はるか彼方の遠い国というイメージを勝手に抱いていた。ところが、いざ訪れてみると、これが案外近くて拍子抜けしたのが正直なところだ。ざっくり説明すると、インドネシアより少し遠く、オーストラリアより少し近い立地である。秘境の代名詞的存在といえそうな同国ながら、ニューギニア航空が成田から首都ポートモレスビー行きの直行便を就航しており、実は意外と気軽にアクセスできる。

 これまでは週に1便だけだったこの直行便が、昨年7月から増便され週2便になった。水曜夜に出発し、土曜夜には戻って来るスケジュールが組める。往路のフライトは夜9時過ぎ発と、仕事帰りでも十分に間に合う時間だ。平日は木金の2日間だけ休めれば旅が実現可能と、スキマトラベラー向けの旅プランを組めるのがうれしい。

〈フライトスケジュール〉
フライトスケジュール

ニューギニア航空が就航する成田~ポートモレスビー路線が水曜および土曜の週2便に増便された。同社のロゴマークになっている極楽鳥はパプアニューギニアの国鳥として知られる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ