人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.11

昔使っていたケータイやスマホ、約半数が「そのまま持っている」

MMD研究所は、15歳以上の男女を対象に「2017年中古端末に関する購買動向調査」を実施。先日、その調査結果を公開した。

まず現在所有している携帯電話・スマートフォンについて聞くと「新品で購入した端末」91.6%、「中古で購入した端末」が1.7%「家族・友人から譲り受けた端末」が1.0%と続いた。中古端末の利用については、「2016年中古端末に関する購買動向調査」の結果と比較すると、「新品で購入した端末」で2.9ポイント増えていている結果となり、「中古で購入した端末」が1ポイント減っている。

2017年中古端末に関する購買動向調査

続いて以前利用していた携帯電話・スマートフォンについて聞くと、「そのまま持っている」が55.0%と最多となり、「通信業者の下取りプランに出した」が25.8%「中古買取店に買い取ってもらった」が3.9%と続く。「2016年中古端末に関する購買動向調査」の結果と比較すると「そのまま持っている」が55.0%で4.9ポイント減、「通信業者の下取りプランにだした」が8.9ポイント増える結果となった。

2017年中古端末に関する購買動向調査

続いて以前利用していた携帯電話・スマートフォンをそのまま持っていると回答した人(n=1104)を対象に、そのまま持っている理由(複数回答)を聞いたところ、「個人情報が心配で手放せないから」が36.9%と最も多く、次いで「どうせ大した値段で売れないと思うから」が33.5%、「サブとしてたまに利用しているから」が18.6%となった。

2017年中古端末に関する購買動向調査

古い端末をそのまま持っている理由を性年代別にコレスポンデンス分析を実施した結果、「40~60代の男性」が「どうせ大した値段が売れない」とのスコアが近くなっている。「30~60代女性」には「個人情報が心配で手放せないから」とのスコアが近い。「10代の男女」は「サブとしてたまに利用しているから」のスコアが近い結果となった。

2017年中古端末に関する購買動向調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ