人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.11

お値段1万3800円!コヴィアが4.5インチのお手頃SIMフリースマホ『FLEAZ Que』を発売

コヴィアはSIMフリースマートフォンのブランド「FLEAZ」より、4.5インチ、Android6.0を搭載したSIMフリースマートフォン『FLEAZ Que』( CP-L45s)発売した。価格はオープン価格。FLEAZ Direct販売価格は1万3800円(税別)。

サイズが大きくなる傾向にあるスマートフォン。画面が見やすくなるのはいいけど、ちょっとサイズが大きい……。同社では、そんな声に応えるべく、4.5インチサイズの『FLEAZ Que』を開発したという。

『FLEAZ Que』は、クアッドコアプロセッサー 1.3GHzにメモリ RAM2GB/ROM16GBを搭載。WiFiは2.4GHz IEEE802.11b/g/nに加え、電波干渉が少なく、他の無線機器の影響を受けにくい5GHz帯を使用するIEEE802.11a/nにも対応しており、安定した通信をサポートする。また、低価格でありながら、電子コンパス、ジャイロセンサーも搭載。回転や向きの変化に対応したゲームやナビゲーション、パノラマ撮影などが利用できるほか、話題のゲームもAR(拡張現実)モードで楽しめる。さらに屋内測位サービス「IndoorAtlas」にも完全対応。屋内外のシームレスな位置情報サービスを使いこなせる。

通信はW-CDMA(Band 1、6)、FDD-LTE(Band 1、3、19)をサポート。FOMAプラスエリア、LTEプラスエリアにも対応しますので、郊外や山間部なども含めて日本国内の幅広い地域で快適に使うことができる。

GPSは日本版GPS2010として知られる準天頂衛星(QZSS)「みちびき」にも対応。「みちびき」は2010年に打ち上げられた初号機に加え、2017年度には3機が追加され、2018年度からは4機体制になる予定だ。日本純正のため、日本のほぼ真上の軌道を取っており、従来のGPS衛星だけでは捕捉しにくかった都会のビル街や山間部でも、測位精度の向上が期待できる。
※「みちびき」の受信は、ソフトウェアアップデートで対応。

「FLEAZ Que」のBluetoothはヘッドセットやハンズフリー機器との接続はもちろん、注目が集まっているBluetoothを使ったロケーション技術「Beacon」の受信と発信が可能。Beaconを利用した各社のサービス・ソリューションが活発化しており、家電機器や各種センサーとの情報交信や屋内測位などの用途に活用できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。