人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まさに天国のような秘境酒場!夢と魔法の高津の居酒屋『T』

2017.05.11

『百円ウーロンハイ、その現実を直視せよ』

 入口を入るとすぐ右側に食券の自動販売機。メニューを見て見ると煮込みには『豚もつ煮込み』と『牛すじ煮込み』の両方があって、それぞれ大きさで並と小がある。値段は順に480円、350円、580円、450円。さらに豚には豆腐入りもあってそれが並530円、小400円。

 オレ、煮込みといったら完全な豚もつ派なんだけど、せっかくきたんで牛もいってみたい。でもオレ、呑みだすと本当にツマミはチビチビと、もう文鳥がエサ食う程度しかつままないんで、どうしようかと悩んでたらありました『合い盛り』ってヤツ! 

 おそらく豚と牛が半分ずつ持ってあるヤツですよ、これが530円なんで、これ行くしかない!

 そしてお目当ての100円チューハイを見ると、ウーロンハイと緑茶ハイがそれぞれ100円! あと第三のビール……実際に自販機の4 ニューにそう書いてあんだけど、これが200円。いやぁもうこの情報は知ってたけれど、実際に見ると思わずホホが緩むねどうも!

 合い盛りとウーロンハイのチケットを持って奥に進むと、店は等辺が長めの二等辺三角形に形をしている。等辺の頂点が入口で、等辺の壁にそって客が座れるカウンターと丸いす。そして短い辺部分が、料理を出すカウンター越しの小さな厨房。

 そのカウンター越しにチケットを出すと、一人で店を切り盛りしている、40前後の店主も現場コンセプトを貫いていて、服装は作業着! よっぽど気に入ってんだろうな〜このコンセプト!

 あ、基本この店はセルフサービスね。

 ですぐに出てまいりました100円のウーロンハイ!! 今回、コイツを呑みにきたといっても過言ではないからね。それを楽しみにノドもカラカラ状態にしてたんだけど、あ〜グラスがやっぱりちょっと小さい! ジョッキではなく、タンブラーでもなく、ひとことでいっちゃうと大きめのコップ。

 100円だもん、しょうがないよね……と思い乾いたノドに流し込んだとたん、今までのグラスの小ささにガッカリしていた自分を瞬時に反省した!! スンゲェ〜濃い!

 これ、グラスは小さいけど、中に入ってる焼酎の量は、普通の小ジョッキのチューハイに入ってる量と絶対同じくらいだぞ!!

 オイオイオイオイ、これってもうオレの一番好きなタイプのヤツじゃんか!! それが100円! ハッキリいって天国ってことじゃん、ココ! まだ店の売りである煮込みを食う前からオレは完全に浮かれ気分で、一気にグビビィ〜ッと、そのウーロンハイを飲み干してしまった。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。