小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あの頃これが欲しかった!パスポートサイズのビデオカメラ、ソニー『Handycam CCD-TR55』

2017.05.11

ハンディカム55については、女優の浅野温子さんが、本体を(旧サイズの)パスポートで隠して「発売をお楽しみに」と伝えたCMを覚えている人も多いと思います。当時としては珍しい、実物を映さない「予告CM(ティザーCM)」だった為、観た者の期待を煽り、予約が殺到したそうです。

なにより、縦横のサイズがパスポートで隠れてしまうほどの小型化と軽量化(790g)を実現した事は画期的でした。

例えば、8ミリビデオカメラ1号機「CCD-V8」は、このサイズと形状で重量は1.97kgでした。

あの頃これが欲しかった!旧パスポートサイズのビデオカメラ「SONY Handycam CCD-TR55」
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-02.html

当時は、これより大きいサイズと重量のカメラを「担いで」撮影するのが当たり前の時代だったのです。

CCD-TR55が画期的だったのは、それまでファインダーやレンズ、マイクは本体から突出しているのが当たり前だった時代の常識を打ち破り、本体のフォルムに収めてしまった事です。

普通、本体にマイクを内蔵すると、カメラ内部の動作音を拾ってしまいます。本体に内蔵する為にレンズを小型化すると、画面が暗くなってしまいます。従って、それまではこれらを本体へ一体化する事になかなか踏み切れなかったのですが、社内が一丸となって難題に取り組み、克服をしたそうです。

発売当時、筆者はまだ子供でしたが、CCD-TR55のCMを見た時に、即座に「これ欲しい!」と思いました。

しかし当時の値段で16万円。おいそれと買える値段ではありません。子供ながらに熟考したあげく、「今、この時この瞬間は2度と訪れない。家族の団欒(だんらん)を映像で撮っておけば、いつの日かそれを懐かしむ日が来るに違いない。」と抹香臭い考えに至り、それまで溜め込んでいたお年玉を全部つぎ込んで購入してしまいました。思えばワタクシの無駄遣い道は、この頃から始まったのかもしれません。

購入当初の第一印象は、「スイッチが多い!操作が覚えきれない!」でした。当時のAV機器は、イマドキの「液晶画面タッチで階層構造で設定出来るデジタルガジェット」と異なり、個々の機能にそれぞれの設定用スイッチが割り当てられていました。機能の数ほどスイッチがある訳で、ちょっと触っただけではとても操作を覚えきれません。

それでどうしたか、と言うと…。ビデオを撮影する時は、説明書を持参していました。操作が分からない所があると、すぐ説明書を読み直す。この繰り返しでした。

また、液晶画面を見ながら撮影出来る今日日のビデオカメラと異なり、この時代のカメラは、ビューファインダーを覗きながら撮影をしなければなりませんでした。

ビデオを撮影している間は、周りの風景を見る余裕がなかった為、家族には「ビデオばっかり撮影していないで、たまには周りの景色でも見たら?」と言われた事を思い出します。

周りの景色を楽しめる様になったのは、その後、ビデオカメラを液晶ビューカムに買い替えてから、だったのです。その話はまた後日。

SONY CCD-TR55は、ホームビデオカメラ黎明期の、不朽の名機として今でも燦然と輝いているのです…。

※記事中の情報は、記事執筆調査時点のものとなります。
※本記事は、あくまでも筆者の微かな記憶と主観に基づき、飛躍した表現によるエッセイであり、特定メーカーや機種等を貶める意図はございません。
※本記事に登場する、漫画のキャラクターはフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。
電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。