人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.10

「筋バランス」を整えると痩せやすいカラダになる?

夏も間近となり、冬の厚着の下に隠していた脂肪が気になる人も多いのではないか。夏は薄着になるためどうしてもボディラインがあらわになってしまう。東急スポーツオアシスでは、夏に間に合う簡単なストレッチを以下の4つのトピックに沿って提唱している。

ASE_017_TP_V

■そもそもストレッチとは?

ストレッチのことを本格的なスポーツを行なう前の準備運動だと思っている人も多い?しかしそれだけでなく、ストレッチは「筋肉を伸ばす運動」であり、体にとっては十分な刺激で、ダイエットにはとても効果的。また、筋肉を伸ばすと身体の凝りがとれ、固くなっていた筋肉も柔らかくなり、圧迫されていた血管が拡張して、血液の流れが良くなる。血行がよくなり酸素の取り込み量が増えることで代謝アップが期待される。エネルギーの消費量が上がる、つまり痩せやすくなる身体になるということだ。

ストレッチ

■筋バランスを整えて勝手に痩せる身体をつくる

気になるプヨプヨのたるみは、実は「姿勢くずれ」からくるの知っているだろうか。きれいな姿勢(S字カーブ)を保つためには、姿勢の土台となる背骨や骨盤を正しい位置にキープする筋肉のバランスが必要。身体の一部が硬くなると、その筋肉に引っ張られるようにして骨盤や背骨に歪みが生じる。歪みが生じると、本来使えるべき筋肉が使えなくなり、そこにどんどん脂肪がついたり、たるんだり、内蔵が下垂したりするのだ。

ストレッチ

逆に、硬い筋肉がほぐれ、各関節や骨格が正しい配列になると、見た目にスッキリと美しい印象になるのはもちろん、立つ・歩く・座るときにもしっかりと筋肉にスイッチが入り、日常動作そのものにエクササイズ効果がででくる。

■ストレッチで痩せた人はもちふわボディ?

ストレッチは、筋肉を伸ばすことで全身の緊張を緩める効果があえい、この効果が筋トレとの大きな違いと言える。ストレッチは筋肉をやわらかくするため、ダイエット後も堅い身体ではなく、もちふわボディが手に入る。また、筋肉が柔らかい人は、関節の動きも大きくなる。関節を大きくしっかりと動かせる人は、歩いたり階段を上ったり日常の動きが大きく、使える筋肉量も多くなる。結果的に、よりたくさんのエネルギーを使えるようになり、一日の消費カロリーに差が出る。

ストレッチ

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。