人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.09

ローランドが新興オーディオブランド「Fluid Audio」のモニタースピーカーを発売

ローランドはFluid Audio社(フルイド・オーディオ)のモニター・スピーカー4モデルの日本国内における輸入販売を5月12日より開始する。Fluid Audioは、数多くのスピーカーの開発に携わった経験を持つKevin Zuccaro氏によって2010年に設立された新進のスピーカー・ブランド。基本に忠実なスピーカー設計を行ない、ピュアなサウンドを再生するためのスピーカーコーンやツイーター、エンクロージャー(筐体部)の音響特性へのこだわりなど、その品質の高さと手頃な価格で評価を得ている。

今回販売を開始するのは4モデル。さまざまな楽器の音色を豊かに再生する2ウェイ・バイアンプ方式を採用した『F5』(70W+70W)、小型サイズながらクセのない素直な音質でデスクトップ用スピーカーに適した『F4』(15W+15W)、高周波特性に優れるPEI(ポリエーテルイミド)樹脂製のダイヤフラム・ツイーター採用により低域から高域まで正確に再生し、プライベート・スタジオなどの用途に最適な『C5』(20W+20W)、『C5』にBluetooth 機能を加え、パソコンやスマートフォンとワイヤレス接続でのオーディオ再生が可能な『C5BT』(20W+20W)をラインアップ。全モデルともバランス/アンバランス両方の信号入力に対応し、あらゆるモニタリング環境での活躍が期待できる。価格はいずれもオープン価格。

『F5』『F4』はオーディオ・ソースの特性を素直に再現するモニター・スピーカーだ。ウーハーには楽器の音や声をリアルに再生するペーパーコーンをポリコート処理。柔軟性の高いブチルゴムでフレームに取り付け、高周波の共振を最小限に抑えている。また、制振効果の高い素材を採用したシルクドーム・ツイーターは、音の細部まで繊細に再現。防磁・低歪み磁気回路を採用したこだわりの設計といえる。本体フロント面にはシリーズ名の由来となるフェーダーを装備し、ボリューム調整を手早く行なえる。

『F5』はウーハー部40W、ツイーター部30W、ステレオ使用時には70W+70Wの高出力仕様。『F4』はコンパクト・サイズながら15W+15Wで卓上オーディオ・モニターとして十分なパワーを持っている。両機種ともRCAピン・タイプ、バランス入力にも対応するTRS標準フォン・タイプの入力端子を持ち、さらに『F5』にはXLR端子を装備。オーディオ・プレーヤー、ミキサーや楽器など、さまざまな機器と接続して使える。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。