人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ネットショップとリアル店舗はどう使い分けると最も得をする?

2017.05.09

◎モノ自体の魅力、買う時の楽しい時間、買った後の満足感の3つの要素が重要

 買い物のキーワードとなる3つのストーリーは、実はネットショップにもあふれている。

「ネットショップはリアル店舗に比べると、初期費用が少なくて済みます。しかも中のシステムが一段と簡単になったので、誰もが手軽にネットショップを持てるようになってきました。今はハンドメイドマーケットで成功している人がたくさんいるんですよ。例えば『minne』というマーケットでは、作家さんの制作待ちという作品がたくさんあります。数か月待ちは当たり前で、中には1~2年待ちという作品も。ネットだから早く届く、お得に買えるという商品ばかりではないんです」

 それだけにリアル店舗とネットショップの使い分けが難しい。村山さんによると、「欲しいモノが決まっている人はネットショップが便利」だと言う。

「ネットなら最安値も検索できるし、アマゾンや楽天市場などの大手ショップでは、たいていのモノが揃います。小売店の場合はメルマガを購読しておくと情報をキャッチしやすいです。お得なモノが欲しければ、大手ショップのタイムセールやアウトレットをチェック。ブランドモノなどは大々的にセールできないので、会員向けのフラッシュセールサイトを利用するケースが増えていますね。リアルのアウトレットモールに出すモノと、フラッシュセールサイトに出すモノとを差別化しているようです。基本的に商品の価格は待てば待つほど安くなるのがルール。12月などみんなが買う時期はそれほど安くならないので、買うモデルが決まっている場合は年末にかからないよう早めに買うか、もしくは1月にしたほうが安くなります」

『minne』
ハンドメイドのアクセサリーや家具などが揃うマーケット『minne』。400万点以上の品揃えで、人気作家がたくさん集まる。

zafuca『カードケース 名刺入れ』
zafuca『カードケース 名刺入れ』8500円。マチの形状が変化し、120枚程度まで収納可能。1600人以上がお気に入りに追加する。

MILLEPORTE
目利きのバイヤーたちが国内、海外の正規代理店から直接買い付けて提供。人気ブランドの商品も並ぶ『MILLEPORTE』。毎日21時に期間限定のセールがスタートし、中には最大80%OFFの商品も。なおWebサイトに掲載の商品は11/30時点のもの。

村山らむねさん
消費生活アドバイザー

村山らむねさん
通販好きで、ネットショッピングを消費者目線で解説するブログ『らむね的通販生活』を1997年より運営。EC関連のコンサルタントやコーチングなども行なう。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。