人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外!?バスタイムを「義務的」「面倒」と感じている女性は6割

2017.05.08

では、実際普段バスタイムを過ごすことで、どのような効果を感じているのか。最も多い回答は「1日の疲れをとる(46%)」。2番目には「リラックス(43%)」、3番目には「リフレッシュ(42%)」。バスタイムに期待していることとして、これらの項目は上位にあがっていたが、期待どおりの効果をバスタイムに実感できているということが明らかになった。

 

どれくらいの頻度で、湯船に浸かっているかを質問したところ、最多は「毎日つかる」で、およそ半数という結果に。忙しい毎日を過ごしていても、2人に1人が湯船に浸かることを習慣にしていることがわかる。また少なくとも週に1回以上、入浴している人に関しては8割近くいるという結果も。その半面、「湯船にはつからない(シャワーのみ)」と回答した人は15%で、理由はそれぞれあると思われるが、湯船に浸かる習慣がない人もいるという結果となった。

 

湯船に浸かった翌日の調子について質問したところ、95%以上の人が、調子が良いと回答。一日の疲れをとり、湯船でリラックスすることで、翌日の調子も良くなるようだ。翌日気持ちよく過ごすためにも湯船に浸かることが大切なのかもしれない。

■調査概要
調査期間/2017年4月10日~2017年4月13日
対象人数/500人
対象年齢/20~39歳・女性
調査方法/インターネット調査

文/編集部

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。