人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.08

そうめんはどこに消えた!?麺つゆのパッケージがうどんばかりになった理由

スーパーで麺つゆコーナーを見てみると、従来の麺つゆとは違う、具材入りや変わり味種の新しいタイプの麺つゆが登場しています。キッコーマン食品「具麺シリーズ」、丸美屋食品「かけうま麺用ソース」、永谷園「アジアを味わうまぜ麺ソース」などがあります。

そういった新しいタイプの麺つゆのパッケージを見てみると、麺つゆパッケージのイメージ写真として、うどんが使われることが増えてきています。数年前は、そうめんのパッケージが多かったような気がしますが、いったいどうして麺つゆパッケージはうどんばかりになってしまったのでしょうか。

そこで、キッコーマン食品「具麺シリーズ」の商品開発にかかわる木村充寿さんにお話を聞いてきました。

◎麺つゆパッケージになぜ、うどんを採用したのか?

まずは、麺つゆパッケージにそうめんではなく、うどんを採用した理由を聞いてみました。

「うどんのパッケージにしたのは、2つのトレンドに注目したからです。最近は、“外食うどんチェーン”と“家庭で食べる冷凍うどん”の市場が拡大しています。このことから、うどんを採用する結果になりました」と木村さんはいいます。

どうやら“外食うどんチェーン”と“家庭で食べる冷凍うどん”が流行しているそうです。この2点について詳しく聞いてみました。

◎肉をのせた新タイプのうどんを家庭でも食べられるように

「外食うどんチェーンといえば、「はなまるうどん」や「丸亀製麺」。ほかにも、「つるまるうどん」「楽釜製麺所」「瀬戸うどん」など、たくさんのお店が増え続けています。これらのお店は伝統的でシンプルなうどん以外にも、人気の肉をのせたうどんメニューも出しています。家庭でもこのようなうどんを“まぜ麺風”に食べられるように、麺つゆに肉を使った商品を作りたいと考えていました」

和風味で人気があるのは、“コク”のあるタイプと“サッパリ”したタイプ。

そのため、新商品は“コク”タイプの『鴨だしつゆ』と“さっぱり”タイプの『ゆず香る肉ぶっかけ』という味にしたそうです。「麺つゆのパッケージはうどんですが、『鴨だしつゆ』は蕎麦、『ゆず香る肉ぶっかけ』はそうめんにかけてももちろんおいしいです」と木村さんはいいます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。