人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.08

東芝が圧力と真空の合わせ炊き機能を搭載したIHジャー炊飯器を発売

東芝ホームテクノは、圧力と真空の「合わせ炊き」でお米を芯から旨くするIIHジャー炊飯器の新製品、『真空圧力IHジャー炊飯器 RC-10VXL』『同 RC-18VXL』を7月上旬から発売する。

真空圧力IHジャー炊飯器 RC-10VXL

『RC-10VXL』『RC-18VXL』は、ひたし時に真空ポンプで内釜の中の空気を抜いて減圧することで、加熱前までにお米の芯まですばやく水を浸透させる(「真空αテクノロジー」)。また、真空と常圧を繰り返すことで、お米の芯まで吸水させ、お米本来のうまみ(甘み)を引き出す(「本かまど」コース)。こうして、引き出された旨み成分(おねば)は、お米の表面を包み込み、炊きたてだけでなく、冷めても美味しいため、おにぎりやお弁当でも味が落ちることがないという。

真空圧力IHジャー炊飯器

さらに炊飯時に内釜の中の空気を閉じ込めて気圧を上げ、細かく圧力を制御して、お米一粒一粒の芯まで加熱する「圧力可変コントロール」を搭載。さらに高火力でしっかりお米に熱を加えることで、粘りや甘みを引き出して炊き上げる。

真空圧力IHジャー炊飯器

そして同社独自の「溶湯鍛造厚釜」を採用した。この「鍛造」とは、金属を槌で叩くことで内部組織の密度を上げ、強度を高める刀づくりなどで古くから知られる加工方法だ。東芝の「溶湯鍛造製法」は、金型へ流し込んだ高温のアルミにおよそ500トンもの高圧をかけ、気泡の無い厚肉の釜を一気に成形。厚さ、丸さ、素材、全てにこだわった密度・強度が高く、熱伝導率にも優れた内釜だ。さらに羽釜の形状にならった釜底60度の「丸み」と釜底5㎜の「厚み」を備えており、大きな熱対流を生み出して炊きムラを抑える。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。