人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.08

国内最大級のアウトドアイベントで見つけた目からウロコの便利ギア

 2017年 4月8日、9日の両日、代々木公園にて開催されたアウトドアのビッグイベント「アウトドアデイジャパン」。筆者が伺った9日は雨が降っていたのだが、アウトドア好きにとってそれは障害にならず、大勢の人でにぎわっていた。本企画では、そこで見つけた気になる商品をピックアップして紹介しようと思う。

 紹介しているギア自体はどれも立派なもので、多くのコアなアウトドアファンに愛されているブランドの商品だが、今回ピックアップした基準は初心者の方にオススメしたい、または「こんな商品があるのか」と知ってもらいたいと考えてのラインナップである。汎用性が高く、取り扱いが簡単で初心者向け……というわけではない。最初のとっかかりとして興味を持ってもらえそうな、「へぇ!楽しそう!」を重視したアイテムがメインだ。これをきっかけに、アナタのアウトドアライフが始まれば幸いである。

■アウトドアデイジャパンとは

 2001年にスタートし、今年(2017年現在)で17回目となる国内最大級のアウトドアイベント。製品の展示だけでなく、アトラクションやワークショップも充実している体感型のイベントである。実際に道具に触れることができ、さらにその場で説明も受けられるため、初心者がアウトドアライフを始める入り口としても便利。

■キャンプの醍醐味はファイヤー! 【焚き火・ストーブ・ランタン】

 都会で火遊びなんてしたら良くて近所迷惑、悪ければ犯罪だが、アウトドア環境なら立派なエンターテイメントである。野外で火を扱うワクワクや、または炎のゆらぎによる癒やし。これにはベテランも初心者も関係ない。ということで、まずはファイヤー関連のギアを紹介。

○エアスタ(SOTO)

 焚き火の着火は意外と技術を要し、初心者には骨が折れる作業だが、SOTOの焚き火台エアスタなら誰でも簡単に火を着けることができる。土台に横風を取り込むフィンキャップを搭載したことにより、着火はもちろん、安定して燃やし続けることも容易な優れものだ。とりあえず手早く簡単に焚き火を楽しみたいのであれば最適の焚き火台。
※ベースとウイング(別売)のセットで焚き火台として使用

エアスタ製品ページ

○クックストーブ(BioLite)

 ガスなどの燃料を必要とせず、小枝や松ぼっくりなどで調理可能な火を生み出すことができる。送風ファンによる微妙な火加減の調節が可能だ。このBioLiteというブランドはユニークなテクノロジーを駆使したギアが多く、スマホの充電もできちゃう発電たき火ストーブなど、ワイルドなのにハイテク感溢れる面白いプロダクトがごろごろあるので、ホームページをチェックしてみると良いだろう。

BilLiteホームページ

クックストーブ製品ページ

○焚火アタッシュ(Liffoff)

 

 火力の異なる2つのコンロを搭載した焚火コンロ(写真・下)が、アタッシュケースにパッキングされたセット商品。ケース内の空いたスペースに着火用の道具を入れておけば、アウトドアシーンのみならず防災セットとしても活躍する。アウトドアギアは防災グッズとしても使えるものが多い点も注目だ。

焚火アタッシュ製品ページ

○カンブリアランタン(E.THOMAS & WILLIAMS)

 1800年代から変わらぬ形状のイギリス製 炭鉱ランプ。ヴィンテージアイテムにも強いスポーツ&アウトドア専門リユース店「トレファクスポーツ」からの出展。最新技術を駆使した便利なアウトドアギアを追い求めるのも良いが、アンティーク商品を愛でる道もまた楽しい。しかも現役でバリバリ使えるギアも多いので侮れない。

トレファクスポーツホームページ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。