人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.02

海外旅行や出張時に便利な海外SIMの活用術

主要キャリアのスマホを海外で使うと、通常プランとは別に国際ローミング用の料金がかかる。データ料金の上限は1日2980円だが、長期間になると高額だ。しかしSIMフリースマホがあれば、安い現地SIMや海外用SIMを利用できる。

現地SIMや海外用SIMを利用

《海外で通信する4つの方法を比較》

■モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターをレンタルしていくと、データ通信料金を抑えることができる。料金はデータ量ではなくレンタル日数で計算され、利用地域に応じて1日数百円から1500円程度。往復の移動に時間がかかると無駄が多い。紛失や故障のリスクもある。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル01

モバイルWi-Fiルーターをレンタル02

モバイルWi-Fiルーターをレンタル03

[手軽さ]△ [使い勝手]△ [料金]△ [通信速度]○

■現地のプリペイドSIMを調達

現地のショップスタッフとやりとりできるなら、海外旅行者向けのプリペイドSIMカードがおすすめ。料金が安く、Wi-Fiルーターのような接続の手間がない。通話に対応していれば、現地での通話料金も安くすむ。現地の空港などで購入できる。

現地のプリペイドSIMを調達

[手軽さ]× [使い勝手]△ [料金]◎ [通信速度]○

■キャリアの国際ローミングを利用

主要キャリアのスマホを海外でローミングしてそのままデータ通信を使う場合、1日最大2980円がかかる。もし、ホテルやフリーのWi-Fiスポットを活用し、約24.4MBまでに通信量を抑えられるのなら1980円で済む。旅のスタイルや期間を加味して選ぼう。

キャリアの国際ローミングを利用

[手軽さ]○ [使い勝手]○ [料金]× [通信速度]○

■海外用SIMカードを国内で購入

海外で使えるプリペイドSIMカードが国内で販売されている。一般的に、初期費用として3000円程度かかるが、その後は必要なデータ容量分だけをチャージして使える。パケット単価は国際ローミングより低く、複数の国で使えるので周遊の際に便利だ。

海外用SIMカードを国内で購入

[手軽さ]△ [使い勝手]△ [料金]○ [通信速度]△

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。