人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

泊まらなくても食べに行きたいホテルの極上ブレックファスト10選

2017.05.03

早朝から気分を上げてエナジーチャージできる場所はホテルにあり。それは美味なる朝食を提供してくれるダイニング。各分野で活躍するホテル通や食通の方々に、宿泊しなくても朝食を食べるためだけでも行きたい、お気に入りのホテルをジャーナリストやライター、専門家のみなさんに教えていただいた。

■雰囲気だけじゃない、内容もパワーアップ

 休日の朝、お気に入りのホテルでゆっくりと朝食を味わうのは、何とも贅沢なひとときだ。最近では、出勤前にひとりで利用するOLや朝活、ビジネスミーティングの利用も目立つという。

 多くのホテルが用意するのがビュッフェスタイルの朝食。今は種類の多さやボリュームよりも、より上質な食材を使用し、季節感を大切にして品数を絞り、おもてなしの心も大切に伝えていこうとする意識の高まりを感じる。外国人ゲストには思いのほか和朝食も人気だという。

 また、外資系ホテルを中心にヘルスコンシャスな朝食も用意される傾向にある。単に野菜やフルーツが多いだけではなく、栄養バランスも考えられボリュームも十分な内容。ヘビーな食事が続きがちな旅先でも体調管理しやすいようにとの心遣いだが、ダイエット中でもホテルの朝食を堪能できるありがたいメニューだ。

 今回、推薦者の意見からは、お気に入りの朝食の特別な魅力が伝わってくる。次に訪れるホテルの朝食を決める参考にしてみてはいかがだろう。

◎41階からのパノラミックな眺めもご馳走
パーク ハイアット 東京『ジランドール』

フレンチスタイルの上質な味わいが楽しめるオールデーダイニング。朝食は『ヘルシーバランス』のほか、ビュッフェや和朝食も同様に人気がある。「いつ訪れても野菜とフルーツのおいしさには感動します」(安齋さん)

パーク ハイアット 東京『ジランドール』
『ヘルシーバランス』(5216円)。旅先でも心身の健康を維持できるように考えられたメニュー。野菜や果物、リコッタチーズ、蜂蜜など厳選された食材を使用している。

東京都新宿区西新宿3-7-1-2
電話/03・5323・3459
朝食の営業時間/6:30~10:30(土・日・祝日は〜11:00) 無休

推薦者・安齋喜美子さん
ワイン&フードジャーナリスト。ホテル取材も多く、デリやサービスにも詳しい。著書に『葡萄酒物語』(小学館刊)。

◎古都でちょっと遅く起きた朝はブランチに
ザ・リッツ・カールトン京都『ザ・ロビーラウンジ』

京の町家建築特有の明暗のコントラストを取り入れたティーラウンジ。「ピエール・エルメ・パリの優雅な朝食が食べられるのは日本でここだけ。鴨川、東山三十六峰を見渡すロケーションも最高です」(矢野さん)

ザ・リッツ・カールトン京都『ザ・ロビーラウンジ』
『ワッフルブレックファースト』(3417円)。ジュース、ピエール・エルメ・パリの焼きたてのワッフル、ヨーグルト、フルーツサラダに食後のドリンクが付くセットメニュー。ワッフルの代わりにピエール・エルメ・パリ セレクションより3種のパンを選べるメニューもあり。

京都府京都市中京区鴨川二条大橋畔
電話/075・746・5555
朝食の営業時間/8:30~10:30(LO) 無休

推薦者・矢野詔次郎さん
フード&トラベルライター。女性誌を中心に食と旅の記事を寄稿。国内外のホテル、高級旅館を取材する日々。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。