人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.03

子どもにお片付けを覚えさせるために工夫していること

 色々なものが溢れ、つい散らかりがちな家の中。子どもがいる家庭では特にお悩みが大きいのではないだろうか。野村不動産アーバンネット株式会社は、同社が運営する子育てと住まいを考える情報サイト「ノムコム with Kids」において、子どもたちのお片付け状態を親はどのように感じているのか、お悩みの「場所」「もの」についてアンケート調査を実施し、回答を子供の年齢別にまとめた。調査の結果、子どものお片付け、7割の親が不満やストレスを感じていることが明らかになった。

■子どものお片付けの状態に満足している?

 全体では、76.2%が「満足がいかない」(「あまり満足していない」「満足していない」の合計)と回答。子どもの年齢に関わらず7割以上が子どものお片付けの状態に「満足がいかない」と回答した。特に、小学生を持つ親は、「満足がいかない」と81.4%が回答している。また、子どものお片付けに対して、ストレスを感じたことがあるかという質問では、全体的に、ストレスを「強く感じる」「やや感じる」を合わせると76.4%が「ストレスを感じる」と回答。特にストレスが多いのは小学生を持つ親で、87.0%が「ストレスを感じる」という回答している。

お悩みの「場所」「もの」についてアンケート調査 お悩みの「場所」「もの」についてアンケート調査

■子どもが片付けられないで困っている「場所」「もの」は?

 片付けられないで困っている「場所」は、小学生までの親の1位は「おもちゃ収納」、中学生以上の親の1位は「学習机」だった。片付けられないで困っている「もの」は、小学生までの親の1位は「おもちゃ、子どもの遊び道具」、中学生の親の1位は「教科書、参考書など」、高校生以上の親の1位は「衣類、制服」となっている。子供が成長するにつれ、片付けられないで困っている「場所」と「もの」が変わっていることがわかった。

お悩みの「場所」「もの」についてアンケート調査

■子どものお片付けに関して、工夫したことは?

・定期的に片付けの見本を見せてあげる
・一緒に捨てるものを分類してあげたことで、自分でも要る要らないの判断がつくようになった
・粘り強い言葉がけ→出来たらほめる、その繰り返し
・早く片付けることを競争することで、動機付けをしている
・種類ごとに入れられる箱を用意し、箱単位に出し入れするようにした
・使いやすい位置(高さ)に収納しておくと、少し片付けてくれるようになった
・学校用具に関しては、ランドセルラックに全て収納できているのでラックを購入して大正解だった

【調査概要】
調査時期 :2015年6月29日(月)~7月27日(月)
調査対象 :ノムコム会員(子育て中の親)
有効回答数:499人
調査方法 :インターネット調査

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ