人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.29

年間5万人が亡くなる胃がんの原因菌「ピロリ菌」の基礎知識

■CHECK POINT
除菌前後の胃の内部の様子

内視鏡1 内視鏡2

除菌前後の胃の内部。除菌前(写真・左)は、炎症を起こしていた部分(白く見える部分)が、除菌後(写真・右)は改善されている。

「日本人の胃がん患者の90%以上がピロリ菌の保有者といわれるほど、胃がんとピロリ菌には強い関係性があります。つまり、このピロリ菌を除菌して胃をきれいにすれば、胃がんになるリスクを大幅に低減することが可能。除菌は薬を1週間服用するだけ。また、除菌の成功率を上げるために最近ではLG21乳酸菌を併用する方法も効果があると注目されています」(医療法人社団 博健会 ますみつ消化器科 医学博士 益満 博院長)

ピロリ菌保菌者は、ほぼ全員が胃炎を起こすものだが、自覚症状がない場合が多いため要注意。早めの検査と除菌で胃がん予防を図ると同時に、LG21乳酸菌の存在を覚えておきたい。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ