人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.29

ブラックで飲むのがポイント!コーヒーがもたらす6つの科学的効能

ぜひブラックで飲みたいコーヒーがもたらす6つの科学的な効能

 賛否両論が巻き起こる“食”関連のメジャーな案件のひとつがコーヒーだ。たっぷりと砂糖を入れたコーヒーを1日何杯も飲めばカラダに悪いに決まっているが、コーヒーそのものについてはカラダに良いものであるという支持派の見解が昨今また増えているようである。

■コーヒーで脱水症状を引き起こすことはない

 世界中で飲まれているコーヒーだが、その心身への効能についてはさまざまな見解がある。コーヒーがカラダに悪いという意見もあるのだが、その多くはコーヒー自体の問題ではなく砂糖の摂取量の問題であったり、また最近はコーヒーフレッシュの成分の危険性がよく指摘されるようになっている。

 コーヒーに含まれるカフェインのデメリットとしてよく槍玉に挙げられるのが利尿作用である。この利尿作用によって必要以上にカラダから水分が抜けてしまい、特に夏場などでは脱水症状のリスクが高まることが危惧されているのだ。

 しかしそうしたリスクは実は90年も前の研究で否定されていたことがわかっている。つまりコーヒーのカフェインで脱水症状になることはまずありえないということだ。

ぜひブラックで飲みたいコーヒーがもたらす6つの科学的な効能
Science Alert」より

 1928年に発表された研究では、最低2ヵ月以上カフェインを摂取していない者はコーヒー1杯程度のわずかなカフェインを摂っただけで利尿作用を引き起こし、排泄によってカラダの水分量は確かに低下することが確認されている。しかしその一方で、日常的にカフェインを摂取している者は、あたらめてコーヒー1杯を飲んだところで、カラダの水分量にほとんど影響がないことも判明した。つまりコーヒーやお茶などを常飲している者にはカフェインによる脱水症状のリスクはないということである。

 また2005年に米・コネチカット大学の研究チームが発表した研究では、59人の健康な実験参加者を11日間にわたってモニターし、カフェイン飲料の摂取と体内水分量の関係を探っている。その結果、コーヒーなどの日常的なカフェイン飲料の摂取と体内の水分量に関係がないことを報告している。

 コーヒーの“容疑”は晴れたということになりそうだが、一方で人工的にカフェインを加えたエナジードリンクなどのリスクはこの限りではないかもしれない。カフェインはくれぐれも天然由来のものから摂取したいものだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。