人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.01

意外と多い?社会人1年目の平均貯蓄額は○○万円

社会人になって、初めて給料をもらった人もこれからもらうという人も、喜びもひとしおだろう。ソニー生命保険が昨年、就職したばかりの、また、就職してから1年経った20~29歳の男女に対して「社会人1年目と2年目の意識調査」をインターネットリサーチで実施したところ(※1000名の有効サンプルの集計結果/調査協力会社:ネットエイジア)、社会人1年目の平均貯蓄額は45万円で、実家に入れた額は平均14万1千円という結果になった。

社会人1年目と2年目の意識調査

◆社会人1年目にかかった費用の平均額「身だしなみ」5万1千円、「自己投資」2万4千円、「プライベートな付き合い」には約19万円

社会人になるとスーツやクツ、カバン、名刺入れなど、社会人としての身だしなみを整えるための出費が必要になる。また、学生時代とは違い、色々な付き合いも発生するが、社会人1年目の1年間では、どのくらい支出があるのだろうか。社会人2年生(500名)に、まず、「身だしなみ(スーツ・化粧品など)」にかかった金額を聞いたところ、全体の平均額は5万636円となった。社会人としての身だしなみを整えるためには、それなりの金額が必要になっているようだ。

社会人1年目と2年目の意識調査

次に、「自己投資(セミナー参加・書籍購入など)」にかかった金額を聞いたところ「0円」が32.8%で最も多いものの、全体の平均額は2万4155円となった。社会人1年目には自己投資までは手が回らなかったのか、自己投資への出費がゼロという人が3人に1人の割合だったが、3人に2人は1年目から自己投資に関する出費が発生しているようだ。

社会人1年目と2年目の意識調査

また、「プライベートな付き合い・交際」にかかった金額では、「5万円超~10万円」(20.4%)、「10万円超~20万円」(17.2%)、「20万円超」(22.0%)との回答が多く、全体の平均額は18万6448円となった。社会人になると何かとお付き合いも出てくるが、年間での平均支出額は、大卒初任給の平均と同じくらいの金額となった。

社会人1年目と2年目の意識調査

◆社会人1年目の平均貯蓄額は45万円、実家に入れた額は平均14万1千円

社会人1年目には、どのくらいの貯蓄ができたのだろうか。社会人1年目の1年間で「貯蓄した金額」について聞いたところ、「1円~10万円」(24.8%)と「50万円超~100万円」(19.6%)のそれぞれに回答が集まり、平均額は45万142円となった。1年目にしっかり貯蓄ができた人とあまりできなかった人とに分かれている。

社会人1年目と2年目の意識調査

また、「実家に入れた金額」では、「0円」が36.6%、「1円~10万円」が26.6%となり、平均額は14万1262円となった。

社会人1年目と2年目の意識調査

【調査対象】
調査対象:ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とするこの春就職する、または、就職してから1年経つ20~29歳の男女
調査期間:2016年3月27日~3月31日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1000サンプル(有効回答から社会人1年目と2年目を均等に抽出)
(内訳)この春就職する社会人1年生500名(男性250名・女性250名)
就職してから1年経つ社会人2年生500名(男性250名・女性250名)
調査協力会社:ネットエイジア株式会社

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。