人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.30

セイコーが「WIRED」の新シリーズ『SOLIDITY』のデジアナ2モデルを発売

セイコーウオッチは若者向けファッションウオッチブランド「ワイアード」から、メタリックな重厚感で、自らの意志と感性を持ち合わせる若者を表現した新シリーズ「SOLIDITY(ソリディティ)」をローンチ。全国の「ワイアード」取扱店で発売を開始する。

発売スケジュールはアナログクロノグラフモデルが5月12日、また、BEAMSプロデュースによるデジタルクロノグラフモデルは6月9日からの発売を予定。デジタルクロノグラフモデルは、一部BEAMS店舗でも発売する。価格は税別で2万2000円〜3万円。

「SOLIDITY」は、英語で“固体性、中身の充実”を意味する単語。失敗を恐れずに、自らの意志や感性で自らの道を切り開く若者を、金属の重厚感や存在感を意識したデザインで表現している。ベゼル上に施されたビスのアクティブなあしらいや、シャープな面で構成されるケースなど、時計らいしデザインを大切にしつつも、未来への扉を開けて前進する若者の手元に主張を加える新シリーズだ。

アナログモデルは稜線を際立たせた面で構成され、輝きと存在感を放つ重厚感のあるケースに、別体ベゼルやビスをあしらい、タフでアクティブな印象に仕上げられている。また、クロノグラフ1/5秒目盛にグラデーション状の差し色を施すことで、計器を思わせる緻密感やスピード感を表現した。

新シリーズデビューに伴い、デジタルモデルは、2001年以降数々の斬新な商品を生み出してきたBEAMSとのコラボレーションモデルが登場する。1980年に発売された“サイボーグ風デジタルウオッチ”を、現代の若者に向けてリデザインした、このモデルは、当時のレトロな雰囲気を纏いながらも、BEAMSバイヤー 古屋雄一氏が『まず手首に当てて置いてみて、その重量感を実感して欲しい』というように、184の重さがあり、WIREDならではの主張や存在感が表現された新鮮なモデルとなっている。

そしてアナログモデルよりも、さらにメタリックなインパクトを強調したケースと、ベゼル上のビスがアクセントとなり、一般的なデジタルウオッチのカジュアル感からは一線を画した、ソリッドで洗練された仕上がり。コラボレーションモデルの証として、裏ぶたには「Featuring BEAMS」が刻印され、ミニカードが付属する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。