人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.30

「リセールプライスの高いバイク」ランキング

 リセールプライスの高いバイクといえば?『バイク王 バイクライフ研究所』が昨年、2015年12月〜2016年2月の期間を対象に、『再び売却した際、高値の付くバイク』=『“リセール・プライス”の高いバイク』上位10車種を発表した。『“リセール・プライス”の高いバイク』は、需要の高いバイク、つまり『人気のあるバイク』と言い換えることもできる。

「リセール・プライスの高いバイク」ランキングTOP10

「リセール・プライスの高いバイク」ランキングTOP10

 16回目の『リセール・プライス』ランキングは、『ホンダ・モンキー』が2位に0.8pt差を付け首位に輝いた。今回首位に輝いたホンダ・モンキーは1967年に国内市販車第1号が発売されて以来、そのコンパクトで愛らしいルックスから不動の人気を博しているバイク。ご当地キャラ「くまモン」とのコラボレーションは記憶に新しいところ。第14回リセールプライスランキング(2015年11月16日発表)以来、約5カ月ぶりに首位の座を奪還した。粘り強く扱いやすいエンジンやアフターマーケットでのパーツの豊富さなど、乗ってよし、カスタムしてよし、街乗りからレジャーまで、まさにマルチプレーヤーと呼ぶに相応しいバイク。

 今回のランキングでは、トップ10のうち7車種が400cc以下となり、普通自動二輪免許で乗ることができる車種が好調な結果となった。この結果は、大型バイクと比べての車重の軽さや維持費の低さからエントリー層でも扱いやすいミドルクラスのバイクの需要が、春先のバイクシーズンに向けて高まったためと分析している。また、初ランクインが多いことも今回の特徴であり、スズキ・GSX-S1000 ABSやホンダ・CBR400Rといった最新型は、中古市場に出始めて間もないからこその高値傾向であることが考えられる。いよいよバイクシーズンも到来し、今後のランキングも大きな変動を見せるのだろうか。

■排気量別ランキング上位5位

■原付一種・二種
「リセール・プライスの高いバイク」ランキングTOP10

■軽二輪
「リセール・プライスの高いバイク」ランキングTOP10

■中型二輪
「リセール・プライスの高いバイク」ランキングTOP10

■大型二輪
「リセール・プライスの高いバイク」ランキングTOP10

※今回対象期間2015年12月〜2016年2月、前回対象期間2015年9月〜11月

■『リセール・プライス』とは
バイクを再び売却(=リセール)するときのプライス(=価格)。2016年4月現在、新車で購入が可能なバイクを対象とし、オークションで売却した際の落札金額の平均値と新車販売価格を基に『リセール・プライス』をポイント化。ポイント数が高いほど、『リセール・プライス』が高いと想定できる。この指標は、年間11.7万台の取り扱い台数を誇る『バイク王』のデータを基に、バイク王 バイクライフ研究所が独自に集計したもの。バイクユーザーが新車あるいは中古バイクを購入する際の参考情報として活用することを目的としている。

■算定基準
・国内主要4メーカーが、国内で販売しているバイク(2016年4月現在・逆輸入車を除く)
・新車販売価格は2016年4月現在の価格を基準。カラー等により価格が複数ある場合は、最安値を基準に算定

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。