人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.04

保育士が働きやすい職場の条件とは

ここ数年、保育士の労務問題や人手不足が社会問題となっているが、保育士が本当に働きやすい職場の条件とは何か? リクルートマーケティングパートナーズが以前、同社が提供する保育園と保護者をつなぐ、コミュニケーションサービス『kidsly』で、サービスを利用する幼稚園・保育園に対し、コンディション診断調査を行ない、その結果を分析したところ、保育士の職場環境は保育士の仕事の継続に与える影響が高いことが明らかになった。

■報酬以外での要素が「保育士の仕事に魅力/やりがいを感じられている」に寄与

この結果によると(1)「保育士の仕事に魅力/やりがいを感じられている」に影響するのは(2)「仕事の充実感:仕事の成果や喜びを感じられている」であり、(1)を「そう思う」と回答している人のうち、78%が(2)も「そう思う」と回答している。(2)単体で「そう思う」と回答している割合は69%なので相関があることがわかる。反対に(2)を「そう思う」と答えている人のうち98%が(1)も「そう思う」と回答している結果となっている。

しかしこれは副次的な結果となっているので、さらに(2)に影響を及ぼすものは(3)「子どもへの関わり:子どもと過ごす時間が充実している」、(4)「社会への貢献感:保育士の仕事を通じて社会に貢献できている」、(5)「園運営の納得感:園/施設の理念や方針に共感できる」、(6)「将来イメージ:保育士としての将来像がイメージできている」の4つの要因が上がった。(2)を「そう思う」と回答している人のうち、68%が(3)~(6)全てを「そう思う」と回答している。全体では(3)~(6)全てを「そう思う」と回答している割合は59%なので相関があることがわかる。反対に(3)~(6)全てを「そう思う」と答えている人のうち87%が(2)も「そう思う」と回答している結果となっている。

また質問項目(7)「園運営の納得感:仕事に見合う報酬が保障されている」に「そう思う」と回答している人のうち(2)「仕事の充実感:仕事の成果や喜びを感じられている」にも「そう思う」と回答している割合は65%なのに対して、(7)に「どちらとも言えない・そう思わない」と回答している人が(2)に「そう思う」と回答している割合は73%と報酬が保障されていると回答している人よりも仕事の成果や喜びを感じられている割合が高いことがわかった。

これは報酬以外での要素が「保育士の仕事に魅力/やりがいを感じられている」に寄与しているということになる。

■職場の環境は保育士の継続に影響が高い

次に「今、保育士の仕事をしていることに迷いがある」の要因関係について。この質問に対しては49%の人が「そう思わない」と回答した。

同様にデータマイニングにより因果関係を分析したところ以下の結果となった。

この結果によると(1)「今、保育士の仕事をしていることに迷いがある」に影響するのは(2)「職場の働きやすさ:今の職場で働くことに迷いがある」であり、(1)を「そう思わない」と回答している人のうち、71%が(2)も「そう思わない」と回答している。(2)単体で「そう思わない」と回答している割合は44%なので相関があることがわかる。

反対に(2)を「そう思わない」と答えている人のうち80%が(1)も「そう思わない」と回答している結果となっている。ちなみに質問項目の中で「他の職業への魅力:保育士以外の仕事に魅力を感じる」に「そう思う・どちらとも言えない」と回答している人が全体で74%いるが、この人たちの「今、保育士の仕事をしていることに迷いがある」の「そう思わない」の割合は26%しかないが、「職場の働きやすさ:今の職場で働くことに迷いがある」に「そう思わない」と回答している場合、「今、保育士の仕事をしていることに迷いがある」の「そう思わない」の割合は76%になる。

つまり保育士以外の仕事に興味がある人でも職場の環境によって今後も保育士の仕事を継続したいと思う可能性があることになる。それくらい職場の環境は保育士の継続に影響が高いということになる。

続いて、(2)「職場の働きやすさ:今の職場で働くことに迷いがある」に影響を及ぼすものは(3)「職場の人間関係(まわりのこと):職場は明るく、活き活きとしている」、(4)「職場環境・待遇:仕事量が多すぎる」、(5)「職場の人間関係(あなたのこと):私は職場の人に普段から気兼ねなく話をしている」の3つの要因が上がった。(2)を「そう思わない」と回答している人のうち、72%が(3)、(5)を「そう思う」、(4)を「そう思わない」と回答している。

全体では(3)、(5)を「そう思う」、(4)を「そう思わない」と回答している割合は44%なので相関があることがわかる。反対に(3)、(5)を「そう思う」、(4)を「そう思わない」と答えている人のうち71%が(2)も「そう思わない」と回答している結果となっている。以上の結果からコミュニケーションが取り易く、仕事量が多すぎない職場が働きやすい職場ということになる。

 

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ