人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.26

疲れていても上司から誘われたら8割以上が「飲みに行く」

 春は歓送迎会など、お酒の席が増える時季。週末に飲み会がかなり集中しているものと思われるが、年末年始に暴飲暴食した肝臓をリセットできないまま、この春の飲み会シーズンを迎える人も多いのではないだろうか。つまり、春は1年を通して肝臓が一番疲れている時季とも言えるのかもしれない。佐藤製薬が昨年、社会人歴が3年以上の20代若手ビジネスパーソン618名を対象に「若手ビジネスパーソン 春の肝臓疲労度」に関する調査を実施したところ、若手ビジネスパーソンは「部下・上司からの飲みの誘いに付き合う」と答えた人が7割を越えていることがわかった。

■春の飲み会(お花見、歓送迎会など)で、プライベートを含む4月の飲み会予定(予測を含む)は?

 2016年4月の飲み会ピークは4月2日(土)という結果となった。お花見の飲み会が予定されていると考えられるが、4月の前半、1〜10日までが特に平均的にポイントが高くなっている。10日以降も週末の飲み会が多く組まれており、連日の飲み会となることも予想される。肝活をうまく取り入れて、春の飲み会シーズンを楽しく過ごしたいものだ。

「若手ビジネスパーソン 春の肝臓疲労度」に関する調査

 

■仕事の飲み会とプライベートの飲み会、何時まで飲むことが多い?

 仕事の飲み会では55.7%の人が午後10時頃まで、30.4%の人は終電まで飲むと答えている。多くの人が長い時間をかけて飲酒をしている実態が伺えるが、プライベートではさらに飲酒時間が延び、終電まで飲む人が多く44.2%、午前2時頃までは13.6%、翌日朝までという人も6.5%と答えている。飲み会も多くなるこのシーズン、飲酒時間も長くなれば肝臓へ負担がかかる一方だ。せめて、週に2日の肝活をお勧めする。

「若手ビジネスパーソン 春の肝臓疲労度」に関する調査

■新入社員の入社シーズン。職場での飲み会以外に、あなたは部下(後輩)を自ら飲みに誘うことがある?

 約7割(67.5%)の若手ビジネスパーソンが部下(後輩)を自ら誘わないと答えている。誘わない理由には「面倒だから」や「プライベートと仕事の区別」といった意見が多く挙げられた。しかし一方で、部下(後輩)からの誘いには7割以上の人が「飲みに行く」と答えていることから、誘われれば行くという受け身の姿勢を通して、部下(後輩)へ気遣っている様子も垣間見える。

「若手ビジネスパーソン 春の肝臓疲労度」に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。