人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.26

ハリウッド女優がシワを改善するために食べている「日本産のイモ」とは?

■連載/メンズビューティー通信

先日、映画「アイアンマン2」に出演しているハリウッド女優のオリヴィア・マンさんが美を保つ秘訣として「シワをケアするためにヒアルロン酸がたっぷり含まれている日本産のイモを食べている」と自身のInstagramで発言したことが話題になった。

1

ヒアルロン酸とは、人間の体内に存在し、細胞と細胞の間で水分を抱え込む役割を果たす、健康的で若々しい肌でい続けるためには欠かせない成分。皮膚のうるおいや弾力を縁の下で支え、シワやたるみを防いでくれるのもこの保水力のあるヒアルロン酸があるおかげなのだ。今回は、そのヒアルロン酸を食事から補いながら、浮世離れした美を保っているという事実に学びを得ようと思う。

長寿の村の住民が全員美肌の秘密

オリヴィア・マンさんが影響を受けたというABCニュースの「奇跡のヒアルロン酸」と称された特集に登場するのは、なんと日本。現在の山梨県上野原市棡原(ゆずりはら)にあった「棡原村」が舞台となっている。長寿の村として知られていたこの村の住民は、そのほとんどが健康的なツヤ肌の持ち主で、太陽の下で農作業をしてきた90代の男性の肌でさえシミひとつないすべすべの赤ちゃん肌だったというのだから驚きだ。

その驚異的な美肌の裏に隠された秘密は「食生活」にあった。当時の棡原村では、里芋やこんにゃく(こんにゃく芋)といった、イモはイモでも“ヒアルロン酸を多く含むイモ”が主食として食卓に登場していた。さらに、この地区で多く栽培されているジャガイモは、ヒアルロン酸を作るための栄養素を持った美肌食材。白米や肉はほとんど摂らず、シンプルな調理が施されたそれらのイモをはじめとする野菜、雑穀、豆類など、粗食と呼ばれる食生活を送ることが、日本一の長寿の村、美肌の文化を作り上げたと言っても過言ではないのだ。(しかし、この村に道路が開通してからというもの、食の欧米化が進み、生活習慣病になる若者が続出。「日本一の長寿の村」ではなくなってしまった。)

美肌成分を豊富に含む食材

c1a79716653ca01b5cf92e2c5a4446e7_s

今回話題となった美肌成分“ヒアルロン酸”は、動物性では鶏のトサカ・鶏軟骨・鶏手羽・豚足・フカヒレ・うなぎ等、植物性では里芋・山芋・納豆・もずくといったネバネバ食材に多く含まれている。こういった身近な食材をバランスよく食すことはもちろん、ビタミンCやコラーゲンを含む食材と組み合わせても健康的な肌をつくるのには良いだろう。

ハリウッド女優をも惹きつけた、棡原村の美肌をつくる食生活。上で記載した食材を摂取するのはもちろんいいが、それ以上に大事なのは「バランスの良い食事」というシンプルな基本を守ることだ。コンビニ飯や外食が多い読者の方も多いと思うが、1食1食を丁寧に見直すだけでも肌は変わってくるだろう。例えば、外食が焼き鳥だった場合は軟骨や鶏手羽を、コンビニでお昼を済ませなければならない場合はお惣菜の棚から里芋の煮物を選ぶ、といった具合だ。

イギリスのことわざで「you are what you eat (直訳:あなたが食べたものが、あなた自身だ/意訳:健康は食にあり)」という言葉があるが、食べたものがまさに肌を作ると言える。ぜひ、この機会に普段食べているものを見直して、年を重ねても羨ましがられる美肌を手にいれよう。

文・RYO KANAZAWA

構成/メンズビューティー編集部http://beauty-men.jp/

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。