人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.25

後輩女子がガッカリする職場の先輩女子の身だしなみ

入学・入社シーズンを迎え、新しく後輩ができることが多い4月のタイミング。先輩としては、後輩にとって「憧れられる」素敵な女性でいたいもの。しかしながら、後輩たちからの「尊敬度」や「憧れ度」は、ちょっとした身だしなみにおける失敗で激減してしまうこともある。ユニリーバ・ジャパンが昨年、身だしなみの中でも特に「ヘアスタイル」に注目し、10~20代の「後輩女子(=職場に女性の先輩または上司がいる人)」と、20~30代の「先輩女子(=職場に女性の後輩または部下がいる人)」、それぞれの目線から調査を行なった結果、意外な結果が明らかになった。

 

 

▼次のうち、先輩の尊敬度にかかわると思うものは?(上位5項目)
1位:がっかりヘア(45%)
2位:シワありシャツ(44%)
3位:はげかけネイル(32%)
4位:すり減りかかと(29%)
5位:崩れかけファンデ(23%)

先輩女子の”がっかりヘア”は、シャツのシワやはげかけたネイル以上に、尊敬度にかかわるポイントとして認識されていることがわかる。

■先輩女子の”がっかりヘア“、オフィスでの目撃率は約6割!

次に、「職場で先輩女子のヘアスタイルをチェックすることはありますか?」と質問したところ、6割以上(61%)の女性が「ある」と回答。さらに、「先輩女子の“がっかりヘア”(=残念な状態のヘアスタイル)を目撃した経験はありますか?」という質問でも、後輩女子の55%と過半数が「ある」と答えた。

「ヘアスタイル」に関する調査

■目撃率の高い “がっかりヘア”ベスト3は、「ひび割れヘア」「触角ヘア」「プードルヘア」

それでは、オフィスでは具体的に、どのような“がっかりヘア”が目撃されているのだろうか。実際に見たことのある、先輩の“がっかりヘア”を聞いたところ、次のような回答が上位にあがった。

▼目撃したことのある、先輩女子の”がっかりヘア”は?(上位5項目)
1位:前髪がぱっくりと分かれている「ひび割れヘア」(36%)
2位:表面の短い毛がおさまらない「触角ヘア」(33%)
3位:髪のカールがきつすぎる「プードルヘア」(26%)
4位:ロングストレートのつもりがうねっている「うねりロング」(26%)
いつ見てもひっつめ髪の「万年ひっつめヘア」(26%)

オフィスでは、先輩女子たちのさまざまな“がっかりヘア”が目撃されているようだ。

「ヘアスタイル」に関する調査 「ヘアスタイル」に関する調査

■後輩たちからの冷たい視線・・・、先輩の”がっかりヘア”で、憧れ度は4割減に

そこで、”がっかりヘア”の先輩女子に対して、どのような印象を抱くかを質問。すると後輩女子たちからは、「オンナを捨てていそう」(43%)、「生活が乱れていそう」(38%)、「大人として魅力がない」(33%)、「モテなさそう」(31%)、「心の余裕がなさそう」(27%)など、厳しい声が多数あがった。

また「先輩女子が”がっかりヘア”だと、憧れの気持ちが弱くなると思いますか?」という質問では、62%の後輩女子が「そう思う」と回答。具体的に、憧れの気持ちがどれくらい減るかを聞くと、平均は「4割」という結果になった。”がっかりヘア”で、後輩からの憧れ度は4割減になってしまうということになる。

■後輩女子が憧れる先輩たちは、髪型にも気を使っていた!

ちなみに、「職場に、憧れている先輩女子がいますか?」と質問したところ、後輩女子の34%と約3人に1人が「いる」と回答。「いる」と答えた人に、「その先輩女子は、髪型にも気を使っていると思うか」を聞くと、83%もの女性が「そう思う」と答えた。

具体的に、「理想的だと思う先輩女子のヘアスタイル」を聞くと「清潔感のあるストレートヘア」(26歳)、「女性らしいゆるふわヘア」(24歳)などの声があがっている。

続いて、当事者である先輩女子たちのヘアスタイリング事情を探るべく、20~30代の先輩女子250名を対象に調査を行なった。

■先輩女子たちが「満足のいくヘアスタイリング」ができるのは、月に10日未満・・・

先輩女子のうち、「ヘアスタイリングに苦手意識がある」人の割合は実に82%。また、「自分で満足のいくヘアスタイリングができる日が、月にどれくらいあるか」を聞いたところ、平均は「9日間」にとどまった。先輩女子たちは、1か月の大半を、満足のいかない髪型で過ごしているということになる。

■ヘアスタイルがキマらない要因、第1位は「技術・テクニック不足」

なお、「ヘアスタイルがキマらない原因」として最も多かったのは「技術・テクニックが足りない」で64%。以下、「スタイリングの知識が足りない」(52%)、「時間が足りない」(51%)、「髪質がよくない」(43%)と続いた。

「ヘアスタイル」に関する調査

また、「スタイリング剤(ワックス、ミスト、スプレーなど)を使ってもヘアスタイルが思い通りに仕上がらない、と感じることはありますか?」という質問では、80%もの女性が「そう思う」と回答。

さらに、「スタイリングツール(ヘアアイロン、コテ、ドライヤーなど)」について同様の内容を聞いた質問でも、「そう思う」と答えた女性は同じく80%にのぼった。

【調査概要】
調査期間:2016年2月9日(火)~2016年2月12日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象:・10~20代の有職者女性 250サンプル 
※職場に先輩女子(女性の先輩または上司)がいる人
20~30代の有職者女性 250サンプル
※職場に後輩女子(女性の後輩または部下)がいる人

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。