小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

月光写真家・石川賢治、30年余の「満月の旅」のベストショットが詰まった写真集『月光浴 青い星』

2017.04.24

 石川氏は、月光写真に出会う前まで、売れっ子広告カメラマンとして、めまぐるしい撮影の日々を続けていた。ある大掛かりなコマーシャルのロケがカウアイ島で終わり、スタッフたちが打ち上げの乾杯をしている時、一人戸外に出た石川氏は、浜辺で満月の夜の月光に照らされた明るい風景に出合い、「写るかもしれない」と思ったという。それをきっかけにサイパンでジンジャーの花を月光で撮影し、奇跡的に写った時の衝撃は、石川氏を「満月の旅」へと駆り立てた。失敗が許されないプロのCMカメラマンの流儀は「絶対にミスがない準備をすること」に活かされ、新たなテーマを見つけては月光撮影の実験に没頭した。そして、いつしか広告写真の世界を離れて、月光が照らし出す世界だけを撮影するようになっていた。

「夜、日が沈むと青い空の天井がなくなって、銀河が見え、見慣れた地上の空間は宇宙と直結します。その空間に身を置くと、私は”地上での宇宙実感”とも言うべき感覚を覚えます。その宇宙実感を味わうため、まず海底から山の上までを撮影しました」

 以来、日本人のアイデンティティを考えていた時期には日本の文化に影響を与えた中国の黄山や九寨溝の満月を訪ね、日本の大自然に身を置いて学びたいと思えば屋久島の山々と植物たちの撮影を重ね、圧倒的な大自然を求めてはケニアのマサイマラ、チベット・ヒマラヤ、ハワイの火山地帯へ。日本人にとって月との関わりが深い京都では銀閣寺、金閣寺、清水寺を撮影。さらに「宇宙実感」への取り組みとしてオーストラリア大陸の地平線や水平線のある風景を訪ね、大自然への畏怖を覚えるほどの地球規模の風景を撮影するためにモニュメントバレー、ウユニ湖、イグアスの滝へと、「満月の巡礼の旅」は約30年間続いた。

 そして、月光写真を撮り始めて33年目の4月11日の満月の日、世界各地に身を置いて体験してきた「宇宙実感」をまとめた「月光浴 青い星」が刊行になった。4月27日からは、品川の「キヤノンギャラリーS」で、同名の写真展が始まる。地球規模の「満月の旅」から戻った石川氏は、福岡県糸島半島の自宅の周りで身近な草花や小さな動物を題材に「宇宙感覚を一枚の写真に」と試行錯誤を始めたばかり。この水仙の写真は、その1枚である。

 石川氏は、「月光浴 青い星」のあとがきにこう記している。

「満月の夜、月光に照らされた原野に立つと足元に影がくっきりと落ち、野花の色や一帯の風景が見えて、地平線から天体、銀河、宇宙が一繋がりになり、宇宙の中の地球本来の姿が現れます。地上で宇宙を実感するときです。
地上の宇宙実感が伝わり、美しい地球を見直すきっかけになれば幸いです」

写真集『月光浴 青い星』
A4判上製 4C 96ページ 定価3000円+税(小学館)
○小学館オンラインショップからも、ご購入いただけます。
http://www.bookshop-ps.com/bsp/bsp_detail?isbn=9784096822487

石川賢治月光写真展
「月光浴 青い星 BLUE PLANET」
●開催日程:2017年 4月27日(木)〜2017年 6月19日(月)
●開館時間:10:00〜17:30 入場無料
●休館日:日曜・祝日(GW中の土曜日と4/29:休館、5/6:開館)
●開催会場:キヤノンギャラリー S 東京都港区港南 2-16-6 キヤノンSタワー1階
●交通:JR 品川駅港南口より徒歩約8分、京浜急行品川駅より徒歩約10分
●イベント:(いずれも写真展会場キヤノンギャラリーSにて。参加無料)
◯ギャラリートーク:5月6日(土曜)1回目 13時00分〜13時40分 2回目 15時00分〜15時40分
◯サイン会:5月6日(土曜)1回目 14時00分〜14時30分 2回目 16時00分〜16時30分

☆お問い合わせ先 キヤノンギャラリーS TEL 03-6719-9021
キヤノンギャラリーホームページ:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/ishikawa-blue/index.html
☆石川賢治公式HP→ http://www.gekkouyoku.com

文/編集部


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。