人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

査定のプロに聞く「中古品」を高く買い取ってもらう方法

2017.04.24

査定員に聞く!中古品を高く買い取ってもらうコツ

近年、急速な伸びを見せているリユース市場。この流れに乗り、ぜひわが家に眠っている腕時計や指輪などを売りに出してみるのもいいかもしれない。しかし、その額は、やりようによっては高くもなり、安くもなる。そこで、中古品査定を行う査定員に、中古品を高く買い取ってもらうコツや、掘り起こせば売れる可能性のある自宅で眠っているアイテムなどを教えてもらった。

■中古品を高く買い取ってもらうコツは?

近年、中古品の価値が高まってきている。昔は、中古品を取り扱う場所といえば、中古・リサイクルショップや中古の本屋などが主流だった。しかし、時代は変化し、インターネット上でのオークションや、個人同士の売買を可能にするスマホアプリの登場など、中古品は個人間で売買される、より気軽になものに発展した。「中古ビジネスデータブック2016」によるデータでも、リユース市場はここ5年連続で拡大傾向にあるという。

ぜひこの中古ブームに乗って、自宅に眠っているお宝に日の目を見させてみてはいかがだろうか。そこで、中古品をできるだけ高く買ってもらうコツを査定員の方に教えてもらった。

今回話を伺ったのは、株式会社エースの査定員、内田悠介さんだ。普段、腕時計やブランド品、アクセサリー類をはじめ、着物・切手・毛皮・古銭・お酒・骨董品など全14品目の査定を行なっている。

今、一般ビジネスパーソンの家に眠っているだろうと思われる、腕時計や指輪などのやや高額な品を、中古品として高く買い取ってもらうコツはどこにあるのだろうか? 内田さんは次の5つを教えてくれた。

1.普段から手入れを習慣づける

「腕時計や指輪は特に肌に触れるものですから、使っているうちに汚れます。普段からお手入れする習慣づけをオススメします」

2.時計は適度に動かす

「時計は動かさないと故障の原因になります。観賞用に飾っている時計なども、適度にゼンマイを巻いて動かしておきましょう」

3.コンディションも大切

「腕時計や指輪は、汚れだけでなく、コンディションも問われます。表面の傷やダイヤル周りのシミ、ブレスレットのたるみやベルト劣化があるとマイナスです」

4.付属品は残しておく

「外箱や保証書は捨てずに残しておきましょう。時計なら調整用コマも忘れずに保管ください」

5.オーバーホールは重要

「機械式時計なら、3年から5年に一度は“オーバーホール”をオススメします。オーバーホールとは、部品単位まで分解して清掃・調整を行ない、再度組み立てて新品時の性能に戻す作業や点検のことです。街の時計店に出すよりも、メーカーに依頼し、証明書を発行してもらいましょう。査定において、証明書はあったほうがいいですね」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。