みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >ソフトバンクの古いiPhoneを活用でき…

ソフトバンクの古いiPhoneを活用できる画期的な格安SIM「U-mobile S」(2017.04.24)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/一条真人の検証日記

最近では多くの人が2年程度でスマホを買い換えるようになっている。特にiPhoneの場合、1年目でマイナーチェンジ、2年目ドラスティックな変身という2年サイクルで明確に新機種を出してくるので、多くの人は2年で買い換えているのではないだろうか?そして、残ったiPhoneをみなさんはどうしているのだろうか?

最近のiPhoneであれば、アップルが販売しているものははじめからSIMフリーだし、大手キヤリアが販売しているものでも、SIMロックを解除できるので、MVNOで格安SIMを契約することで、使い続けることができる。

だが、そんなSIMフリー時代の以前のソフトバンクのiPhoneはどうすればいいのか?iPhoneのハードウェア自体もソフトバンクによるSIMロックがかかっているので、他のMVNOのSIMを使うことができない。ちなみにSIMロック解除ができるようになったのは、iPhone6sからだ。

しかし、ここにきて、そんなiPhoneを救ってくれるSIMがU-mobileから登場した。それが、「U-mobile S」だ。

古いiPhoneでデータ通信が可能になるU-mobile S。
古いiPhoneでデータ通信が可能になるU-mobile S。

■どんな回線?

これはソフトバンク回線を使った通信サービスで、iPhone6以前のソフトバンクのiPhoneで使うことができる。ただし、音声は使用できず、使えるのはデータ通信のみになる。

そのラインナップは、1GB、3GB、7GB、30GBの4種類。最近のトレンドである大容量タイプも用意されている。その月額料金は、

1GB 880円
3GB 1580円
7GB 2980円
30GB 4980円

になる。ただし、SMSオプションがないので、注意が必要だ。

ちょっと普通のU-mobileのデータ通信専用SIMと比較してみると、

1GB 790円
5GB 1480円

なので、通常のSIMよりはやや割高ではある。しかし、ほかに選択肢はないのだ。3GBタイプあたりがボリュームゾーンになるのだろうか?

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。