人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.24

ソフトバンクの古いiPhoneを活用できる画期的な格安SIM「U-mobile S」

■連載/一条真人の検証日記

最近では多くの人が2年程度でスマホを買い換えるようになっている。特にiPhoneの場合、1年目でマイナーチェンジ、2年目ドラスティックな変身という2年サイクルで明確に新機種を出してくるので、多くの人は2年で買い換えているのではないだろうか?そして、残ったiPhoneをみなさんはどうしているのだろうか?

最近のiPhoneであれば、アップルが販売しているものははじめからSIMフリーだし、大手キヤリアが販売しているものでも、SIMロックを解除できるので、MVNOで格安SIMを契約することで、使い続けることができる。

だが、そんなSIMフリー時代の以前のソフトバンクのiPhoneはどうすればいいのか?iPhoneのハードウェア自体もソフトバンクによるSIMロックがかかっているので、他のMVNOのSIMを使うことができない。ちなみにSIMロック解除ができるようになったのは、iPhone6sからだ。

しかし、ここにきて、そんなiPhoneを救ってくれるSIMがU-mobileから登場した。それが、「U-mobile S」だ。

古いiPhoneでデータ通信が可能になるU-mobile S。
古いiPhoneでデータ通信が可能になるU-mobile S。

■どんな回線?

これはソフトバンク回線を使った通信サービスで、iPhone6以前のソフトバンクのiPhoneで使うことができる。ただし、音声は使用できず、使えるのはデータ通信のみになる。

そのラインナップは、1GB、3GB、7GB、30GBの4種類。最近のトレンドである大容量タイプも用意されている。その月額料金は、

1GB 880円
3GB 1580円
7GB 2980円
30GB 4980円

になる。ただし、SMSオプションがないので、注意が必要だ。

ちょっと普通のU-mobileのデータ通信専用SIMと比較してみると、

1GB 790円
5GB 1480円

なので、通常のSIMよりはやや割高ではある。しかし、ほかに選択肢はないのだ。3GBタイプあたりがボリュームゾーンになるのだろうか?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。