人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.24

ASUSがTangoとDaydreamに対応した世界初のSIMフリースマホ『ZenFone AR』を今夏発売

ASUS JAPANはグーグルのAR技術であるTangoと、VRプラットフォームのDaydreamに対応した世界初のSIMフリースマートフォン、『ZenFone AR (ZS571KL)』を発表した。ZenFoneシリーズ史上最高峰のスペックに、スマートフォンとしては世界初となるメモリ8GBにストレージ128GBを搭載した「ZS571KL-BK128S8」と、メモリ6GBにストレージ64GBの「ZS571KL-BK64S6」の2機種をラインアップ。販売開始は2017年夏が予定されている。価格はいずれもオープン価格。予約販売日、発売日に関しては後日改めてアナウンスされる予定。

ZenFone AR

『ZenFone AR』は、AR(拡張現実)技術と高品質なモバイルVR(仮想現実)の両方の可能性を存分に体験できる、楽しめる、そして、その先にあるテクノロジーの可能性の扉を開くデジタルデバイスとなるべく、期待をこめて開発された。日常用の高性能SIMフリースマートフォンとしてはもちろん、新たなAR/VRゲームの開発機としても、人々の生活をもっと豊かにできる仮想空間上でのインテリアコーディネーターとしても、街中や美術館などで物が持つ情報を視覚的に補う、ガイドのような役割としても担ってくれるはずだ。このさまざまな可能性を秘めたZenFone ARにより、スマートフォンはこれまでの常識を超え、新しい未来の生活を担うコンパニオンのような存在となる時代がやってくると期待される。

日常の体験を一新する『ZenFone AR』は、モーショントラッキングカメラ、深度カメラ、メインカメラの3つの背面カメラで構成される革新的なTriCam(トライカム)システムを搭載している。このモーショントラッキングカメラにより、空間を移動する自身の場所を追跡し、赤外線プロジェクターを搭載した深度カメラにより、実際の物体までの距離を測定するため、まるで人間の目で見ているかのように周囲の環境を認識。Tango対応のアプリを使えば、『ZenFone AR』のカメラをかざすだけで手の届かない高い場所までの距離も簡単に測ることができるようになるほか、部屋の中に購入検討中の家具を実寸で配置したり、メインの2300万画素高解像度の背面カメラで細密に再現された現実空間とゲームの世界を融合させるなど、これまでの日常がより便利でさらに楽しいものへと進化していく、と同社では説明している。

『ZenFone AR』を装着した Google製VRヘッドセットのDaydream Viewと、仮想世界を操作するためのDaydreamコントローラーを使えば、コントローラーをバットのように振ったり、魔法の杖のようにひと振りするといった動作でDaydream対応アプリのコンテンツの操作が可能。さらにテレビのリモコンのようにチャンネルを選び、目の前に広がる大画面のホームシアターを満喫したり、 Googleストリートビューなどで進路を指定して探検するなど、ゲームや仮想現実の世界に没入できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。