みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >「五月病予防策」は、連休前から準備…

「五月病予防策」は、連休前から準備すべし!(2017.04.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神科医が教える五月病予防のためのGW前対策5つ

毎年、ゴールデンウィークが明けると、決まって五月病になるという人はいないだろうか。また、新卒者もかかりやすいといわれる。何か事前に対策を立てておきたいものである。精神科医にゴールデンウィークに前にやっておくといい五月病予防策を聞いた。

■五月病になる要因とは?

精神科医が教える五月病予防のためのGW前対策5つ

五月病とは、ちょうどゴールデンウィーク明け頃に起こりやすい、心身の不調のことを指す。気分がうつになる、頭痛や肩こり、疲れが取れないなど、さまざまな症状が出るものだ。

会社づとめの一般ビジネスパーソンは、主にどんな理由で五月病になるのだろうか。アイさくらクリニック院長 木村昌幹先生に聞いた。

●新生活1ヶ月で続いた緊張・ストレスによるもの

「新社会人になりたての頃は、会社の研修や不慣れな仕事などで過緊張状態が続きます。また、現実社会と自分の理想とのギャップを受け入れられないことでストレスを感じることもあるでしょう。

既卒者の場合、部署移動などで変化した環境・仕事内容・人間関係になじめないことや、昇進などで大きな目標を達成したことによる燃え尽き、そのような中で4月の1ヶ月間を過ごすことによるストレスの蓄積などが考えられます」

●環境や家庭内の変化

「ご自身の環境の変化と同時に、家族も環境が変わってストレスを感じていることもあるでしょう。こうして家庭内の“ゆったりモード”が、一時的に“不安定モード”となっていることもあるかもしれません」

●自律神経の乱れによるもの

「季節の変わり目は自律神経が乱れやすいため、精神状態も不安定になりがちです」

「これらの要因が重なり合い、変化した環境に慣れようとして1ヶ月間無理をして頑張った結果、五月病になりやすいといえます」

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。