人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.23

【開発秘話】シワを改善する史上初の医薬部外品!発売から1か月で25万個売り上げたポーラ『リンクルショット メディカル セラム』

■連載/ヒット商品開発秘話

 ポーラ・オルビスグループのポーラが、2017年1月に発売した『リンクルショット メディカル セラム』が猛烈な勢いで売れている。発売から1か月で約25万個、約36億円の売上を達成したほどだ。

『リンクルショット メディカル セラム』はシワを改善する史上初の医薬部外品(薬用化粧品)。シワを改善する新しい医薬部外品有効成分を用い、それを真皮に届ける処方を採用したのが特徴だ。開発から発売までに実に15年もの長時間を要したというが、なぜ15年もかかったのであろうか?

ポーラ『リンクルショット メディカル セラム』

■シワも傷と同じ

 開発は2002年にスタート。研究は同じグループのポーラ化成工業が担当した。

 すでに研究が始まっていた2003年に同社に入社したのが、後に中心的な役割を果たす竹内啓貴氏(肌科学研究部皮膚科学研究室 主任研究員)であった。入社後、シワと瘢痕(はんこん)に関するプロジェクトに配属されたことが、研究に携わるきっかけとなった。傷を治したいという理由からポーラ化成工業に入社した竹内氏はここで、「シワも傷と同じ」だとわかったという。

「シワによって、笑いにくくなった人がいることがわかりました。これは傷と一緒で、あるだけで悩みの種になるものです。シワを治すということは研究に向かうモチベーションとなり、絶対に治す、と心に決めました」と竹内氏。決意を固めて研究に打ち込むこととなった。

竹内啓貴氏
ポーラ化成工業
肌科学研究部
皮膚科学研究室
主任研究員
竹内啓貴氏

■夢に化学式が出てきたほど辛かった、5400種の素材の評価

 研究は、シワができるメカニズムを明らかにすることから着手した。シワのないところとシワのできているところの皮膚を比較し、違いを徹底的に探索。研究開始から3年ほどして、好中球エラスターゼが原因であることを突き止めた。

 好中球とは免疫を担う白血球の一種で、好中球エラスターゼは好中球がウィルスの退治やダメージを受けた組織を分解するために出す酵素。本来は傷に集まる好中球が、シワを傷と勘違いして集まり、好中球エラスターゼを出してしまうことにより、真皮成分であるコラーゲンやエラスチンを破壊してシワを深くしていた。シワを傷と勘違いするのは、シワができたところには微弱な炎症が起きており、表皮から好中球を呼ぶ物質(IL-8)が出ているためだという。

血管内にいた好中球が、微弱な炎症によってシワ部分に集まる
血管内にいた好中球が、微弱な炎症によってシワ部分に集まる

好中球がエラスターゼを出して、コラーゲンをエラスチンに分解する
好中球がエラスターゼを出して、コラーゲンをエラスチンに分解する

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。