みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >音質にこだわり、アナログ要素を追求…

音質にこだわり、アナログ要素を追求したデジタルオーディオ4選(2017.04.21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、皆さんが気になっている家電製品といえば? 編集部が厳選した、新生活におすすめの最新家電製品を紹介しよう。

【オーディオ】音質を求めて〝アナログ〟に回帰

◎デジタルには真似できないアナログの底力に注目

 まず注目したいのはオーディオだ。今シーズン、話題を集めているのは〝アナログ〟を取り入れた製品。『AT-LP5』は、従来まで培ってきた技術を復活させることに加え、新開発のカートリッジを投入するなど、レコードのポテンシャルを存分に引き出す。一方の『NW-WM1Z』は、設計にアナログ部品が取り入れられ、デジタルでは出せない音を楽しめるのだ。

〈レコードプレーヤー〉専用開発のパーツを備えてレコードの音を引き出す!

オーディオテクニカ『AT-LP5』

オーディオテクニカ『AT-LP5』
予想実勢価格:約5万円

 アルミニウム合金ダイキャスト仕上げのプラッターを採用したダイレクトドライブ型のターンテーブル。専用のVM型カートリッジやヘッドシェルが付属する。USBを備え、パソコンへの録音も簡単。
●幅450×高さ157×奥行き352mm/約8.5kg。

AT95EX

カートリッジは『AT-LP5』専用設計の『AT95EX』を搭載。写真はその交換針『ATN95EX』。針先が摩耗しても長く使える。

〈携帯音楽プレーヤー〉積み重ねてきたノウハウを結集した究極の1台

ソニー『NW-WM1Z』

ソニー『NW-WM1Z』
実勢価格:約30万円

 素材やパーツを選び抜き、楽曲の原音を追求したウォークマンのフラッグシップモデル。ボディー素材に純度99.96%以上の無酸素銅を採用するなどインピーダンスを極限まで低減。加えて、大型コイルの採用など、アナログな設計部品にも注目。
●幅72.9×高さ124.2×奥行き19.9mm/約455g。対応形式=FLAC/DSD/MP3/WMA/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/リニアPCM(WAV)/AAC/Apple Losslessなど。バッテリー駆動=最長約33時間(MP3 128kbps再生時)。ストレージ=256GB。

無酸素銅金メッキのシャーシ

無酸素銅金メッキのシャーシをはじめ、こだわり抜いたパーツを搭載。楽曲本来の音声をよりナチュラルに再現する。

新開発の高分子コンデンサー

新開発の高分子コンデンサーや8mm角大型コイルなどを搭載。音の歪みを抑え、解像感に優れた繊細な音を堪能できる。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。