人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.04.21

格安スマホ利用者に聞く満足点TOP3

マイボイスコムは、3回目となる『格安スマホ』に関するインターネット調査を実施。先日、1万1394件の回答を集めた調査結果を公開した。

まず格安スマホの認知率は、「知っている」「名前を聞いたことがある程度」を合わせて94.1%。「知っている」は51.7%、男性20~40代と女性20代では6割、スマートフォンのみ利用者では6割、携帯電話・スマートフォン併用者では9割弱、携帯電話のみ利用者では3割弱だった。

スマートフォン利用者のうち、格安スマホ・格安SIMカード(以下、格安スマホ)の利用者は25.1%。「スマートフォンの端末と格安SIMカードのセット販売のもの」が10.7%、「格安SIMカードを購入、端末は所有スマートフォンを利用」「格安SIMカードを購入、端末は新しく購入したSIMフリースマートフォンを利用」が5~6%、「格安SIMカードを購入、端末は中古で購入したスマートフォンを利用」が1.5%だった。

格安スマホの購入場所は、「インターネット」が利用者の61.2%、「家電量販店」「通信会社の店舗」が各2割、「携帯専門店、中古家電販売店など」が2.7%。格安SIMカード購入者では「インターネット」が7~8割、端末+格安SIMカードのセット販売利用者では、「通信会社の店舗」がやや高く、「インターネット」が低くなっている。

格安スマホ利用者の満足点は、「月額利用料金」(72.4%)の他、「データ通信容量」「余ったデータ通信量を翌月に繰り越し可能」が各3割弱、「電話番号が引き継げる」「機器や端末の価格」「通信の安定性」「通信速度の速さ」が各2割弱で上位にあがっていた。格安SIMカード+新規SIMフリースマホ利用者では「月額利用料金」が8割強で、他の層より高くなっている。

『格安スマホ』に関するインターネット調査

格安スマホの利用意向者は30.3%、2016年と比べてやや増加している。利用意向者は、男性20~40代と女性20代では4割弱。また、格安スマホ・SIMカード現在利用者では9割だが、非利用者では2割強。スマートフォンのみ利用者や携帯電話のみ利用者では2~3割、携帯電話・スマートフォン併用者では7割強となった。

格安スマホ利用意向者のサービス選定時の重視点は、「月額利用料金」(78.5%)の他、「通信の安定性」「データ通信容量」「通信速度の速さ」が4~5割、「機器や端末の価格」「電話番号が引き継げる」「余ったデータ通信量を翌月に繰り越し可能」が各3割で上位にあがっている。

『格安スマホ』に関するインターネット調査

『格安スマホ』に関するインターネット調査

格安スマホの非利用意向者は35.4%だった。利用したくない理由は、「興味がない」「現在利用しているもので満足している」「メールアドレスを変えたくない」「本当に価格が安くなるかわからない」が各2割。男性20代では「通信速度が遅い」、女性30・40代では「メールアドレスを変えたくない」が1位に。また、「自分で設定するのが面倒・わからない」は、女性が男性よりやや高くなっている。スマートフォンのみ利用者では「メールアドレスを変えたくない」「通信速度が遅い」「現在利用しているもので満足している」、携帯電話のみ利用者では「興味がない」「現在利用しているもので満足している」が上位にあがった。

■調査概要
調査対象/「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法/インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期/2017年03月01日~03月05日
回答者数/1万1394名

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。