みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >ジウジアーロ・デザインを体現したセ…

ジウジアーロ・デザインを体現したセイコーのGPSソーラーウオッチ『アストロン』のクロノグラフ(2017.04.20)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セイコーウオッチは、世界初のGPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」より、カー&インダストリアルデザイン界を牽引する「ジウジアーロ・デザイン」を体現する先進のGPSソーラー クロノグラフ『SBXB121』を、5月26日から3000本限定で発売を開始する。希望小売価格は30万円(税別)。

SBXB121

「セイコー アストロン」は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ「クオーツ アストロン」から命名された世界初のGPSソーラーウオッチだ。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた「クオーツ革命」に続く、時計史上の「第二の革命」を起こすべく、2012年9月に誕生。地球上のどこにいてもGPS衛星からの電波を受信して、緯度・経度・高度を特定し、すばやく現在地の正確な時刻を表示することができる。そして定期的な電池交換の必要がないソーラー充電機能に加えて、セイコー独自の「リングアンテナ」と自動時刻修正機能「スマートセンサー」の組み合わせにより、ユーザーはストレスなく正確な時間を得ることが可能になった。

SBXB121

今回発売されるGPSソーラー クロノグラフ『SBXB121』は、セイコーと「ジウジアーロ・デザイン」が1983年に共同開発した世界初のアナログクオーツクロノグラフへのオマージュを込めたモデル。ドライビング中のストップウオッチの操作性を向上させる目的から、ケースとバンドの中心をオフセットしたオリジナルのコンセプトは踏襲しつつ、スポーツカーを思わせる流麗なフォルムに仕上げられた。オリジナリティ溢れる時分針と秒目盛、2ピース構造の立体的なダイアルリングなど、ジウジアーロ・デザインのエッセンスが隅々まで盛り込まれている。

オリジナルを想起させるブラック×レッドの中にイタリアンカラーをさりげなく散りばめたデザインはジウジアーロ・デザインならではの魅力。ジウジアーロ・デザインのコンセプトカーのホイールをデザインした裏ぶたには、ロゴとシリアルナンバー(0001/3000~3000/3000)を表記し、稀少性を高めている。

ケースサイズは外径46.3(りゅうず・突起部含まず)×厚さ13.3mm。ムーブメントはGPSソーラームーブメント キャリバー8X82。ガラス材質はサファイアガラス(スーパークリア コーティング。ベゼル材質はセラミックス。防水性能は日常生活用強化防水(10気圧防水)。耐磁時計(JIS耐磁時計1種)。GPS衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能、スマートセンサー(自動時刻修正機能)搭載。針位置自動修正機能、ソーラー充電機能、クロノグラフ機能(1/5秒計測、6時間計)、ワールドタイム機能(40タイムゾーンに対応)など。

関連情報

http://www.seiko-watch.co.jp/

文/編集部

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。